あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

味わい、見よ、主の恵み深さを - 2016.02.21

2016年2月21日 受難節第二主日 松本雅弘牧師 レビ記19章9~18節、33~34節 ルカによる福音書17章11~19節 Ⅰ.キリスト者の管理の務めとしての クリスチャン・スチュワードシップ  ドイツ語で賜物や贈り物のことをGabeと言いますが、その単語にaufという接頭語が付いてAufgabeとなると、宿題とか課題という意味になるそうです。その言葉からドイツの教会では私たちが神から賜物を授かった時、それと共に賜物をどのように生かして用いるかという課題[…続きを読む]

神の言葉で生きる - 2016.02.14

2016年2月14日夕礼拝 関伸子副牧師 申命記8章1~10節 マタイによる福音書4章1~11節 Ⅰ.パンを与え、養われる主 今日、私たちに与えられている聖書の記事は、主イエスの「荒れ野の誘惑」と題されることの多い、よく知られている物語です。この荒野の誘惑そのものの物語よりも、もしかするともっと広く知られていると思われる聖書の言葉が4節に出てきます。「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある」(4節)。 これは[…続きを読む]

親よりも、子どもよりも、夫婦が大切 - 2016.02.14

2016年2月14日 ファミリーチャペル 松本雅弘牧師 マタイによる福音書19章4~6節 Ⅰ.よき夫婦になるための秘訣―父母を離れること 今日の聖書箇所でイエスさまは「それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる」という旧約の言葉を引用しながら「父母を離れる」ことの重要性について語られました。 今日は、夫婦になるための条件としての父母を離れることを中心に、「よい夫婦となることの秘訣」についてご一緒に考えてみたいと思います。 Ⅱ.夫婦の関係は相[…続きを読む]

キリストの前に喜び集う交わり - 2016.02.07

2016年2月7日 松本雅弘牧師 コヘレトの言葉4章9~10節 フィレモンへの手紙1~25節 Ⅰ.「 信仰生活の基本」としての主にある交わり(小グループ)に生きること 聖書の神、私たちをお造りくださった神は三位一体の「交わりの神」です。その交わりの神がご自身に似せて人間を創造されましたから、私たちは本質の深くに、交わりの中で初めて人間らしく生きることができるようにと、もともと造られているということでもあります。その交わりとは、神との縦の交わりであり、そして[…続きを読む]