あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

ふり返る主のまなざし - 2016.09.25

2016年9月25日 松本雅弘牧師 詩編77編2~21節 マタイによる福音書9章18~26節 Ⅰ.喜びを襲った悲しみ イエスさまが、「花婿が共におられる喜び」の話をされている時、カファルナウムの町のある指導者が、「わたしの娘がたったいま死にました」と言って、その喜びの食卓に死の知らせを持ち運んできたのです。 さらにマタイはもう1人、喜びとはほど遠いところに置かれていた、出血が止まらないという病に苦しむ女性が、イエスさまとの関わりを求めにやってきた出来事を伝[…続きを読む]

花婿が共にいるので - 2016.09.18

2016年9月18日 松本雅弘牧師 エレミヤ書31章31~34節 マタイによる福音書9章14~17節 Ⅰ.断食をめぐっての躓き 今日の聖書箇所の出来事を、この福音書を書いたマタイは、「そのころ」という「時」を表わす言葉で始めています。「そのころ」とは、いつの頃でしょうか? 実は、この「そのころ」と訳されている言葉は口語訳では「そのとき」、さらに新改訳では「するとまた」と訳しています。つまりイエスさまに招かれたファリサイ派の人たちがそこへ行ってみたら、マタイ[…続きを読む]

呪いから祝福へ - 2016.09.11

2016年9月11日夕礼拝 和田一郎伝道師 ハバクク書2章2~4節 ガラテヤの信徒への手紙3章10~14節 Ⅰ.はじめに 前回の箇所でパウロは、アブラハムの信仰を例にして、ガラテヤ地方にいる人々に、正しい信仰理解を説明しました。アブラハムによって、すべての国民が祝福される、割礼でも律法でもなく、信じる心「信仰」こそがアブラハムの子孫のしるしなのだ。 「信仰」こそがアブラハムに約束された祝福を手にすることができる。そうパウロは説明しました。 今日の箇所では、[…続きを読む]

聖書に学ぶ―歳をとることの意味 - 2016.09.11

2016年9月11日 敬老感謝礼拝 松本雅弘牧師 詩編90編1~12節 コリントの信徒への手紙二 3章18節 Ⅰ.お誕生日カードを書きながら思うこと 高座教会の牧師の務めの1つに、教会員の皆さまにお誕生日カードを書くというものがあります。1歳になった赤ちゃんから、ご高齢の方に至るまで、たぶん、毎月100枚ほどのカードを書かせていただいていると思います。そのカードには「お誕生日、おめでとうございます」と初めから印刷されているのですが、ふと私は、自分のことと重[…続きを読む]

愛すること、愛されること - 2016.09.11

2016年9月11日 ファミリーチャペル 松本雅弘牧師 ルカによる福音書10章25~37節 Ⅰ.中川李枝子著、『子どもはみんな問題児。』 『ぐりとぐら』を描いた絵本作家の中川李枝子さんが子育ての本を書きました。『子どもはみんな問題児。』。表紙の絵が素敵ですし、タイトルがいいですね。私はこの本を、銀座の教文館に行った時に買ったのですが、帰りの電車で読み始めたら、ほんとうに引き込まれるように読んでしまいました。この本を読みながら、幾つか教えられることがありまし[…続きを読む]