あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

御霊によって歩みなさい - 2017.02.26

2017年2月26日夕礼拝 和田一郎伝道師 詩編143編7~12節 ガラテヤの信徒への手紙5章16~24節 Ⅰ.御霊によって、信仰によって パウロは、御霊によって歩むということを、信仰によって生きるということと同じものとして語っています。5章5節「わたしたちは、義とされた者の希望が実現することを、“霊”により、信仰に基づいて切に待ち望んでいる」と、霊と信仰を並列においているのです。これまでパウロは律法と対比させて、信仰だ、信仰によって義とされるのだと語って[…続きを読む]

ふたつの宝、ふたつの目、ふたりの主人   ―クリスチャン・スチュワードシップを考える - 2017.02.26

2017年2月26日 松本雅弘牧師 詩編23編1~6節 マタイによる福音書6章19~24節 Ⅰ.消費主義社会を支える偽りの物語―モノが幸せを運んでくる 私たちの身の周りには広告が溢れています。その商品を手に入れたら、お腹の脂肪が消えてなくなりますよ、とか、そのクリームを塗れば10歳若返った肌があなたのものになる、とか。このクルマのハンドルを握り、アクセルを踏めば、人生最高の瞬間を手に入れることになる、とか。もう様々です。 専門家によれば、私たちは60歳にな[…続きを読む]

来なさい。そうすれば分かります - 2017.02.12

2017年2月12日夕礼拝 和田一郎伝道師 エゼキエル書36章26~27節 ガラテヤの信徒への手紙5章13~15節 Ⅰ.キリストにある自由 ガラテヤ書5章13節で、「ガラテヤの兄弟たちよ、あなた方は自由を得るために、キリストによって救われたのですよ。」と、キリスト者の「自由」についてパウロは語ります。私たちは、「仕える」とか「従う」という言葉を聞くと、束縛されたような気持ちになります。そうしたものから自由にされることこそが、自由なのではないか?と思うのです[…続きを読む]

生活の全ての領域で 主の恵みを味わう - 2017.02.12

2017年2月12日 松本雅弘牧師 創世記25章19~34節 エフェソの信徒への手紙5章31~33節 Ⅰ.イサクとリベカ夫婦の現実―子がない現実 今日の箇所にはイサクとリベカが結婚してから、およそ19年の歳月が流れた頃の出来事が記されています。その間、この夫婦には子どもが与えられないという現実があり、一方、イサクの異母兄弟イシュマエルの家庭には次々と子どもが誕生していました。 イサクは心配したのではないでしょうか。イサク自身、神の奇跡によって生を受けた存在[…続きを読む]

主よ、お話しください ―信仰生活の基本③ - 2017.02.05

2017年2月5日 松本雅弘牧師 サムエル記上3章1~21節 ペトロの手紙一 2章1~2節 Ⅰ.「祈る少年サムエル」 昨年のクリスマス賛美礼拝のポスターは、18世紀の画家ジョシュア・レイノルドによって描かれた『祈る少年サムエル』という作品を模写してデザインされたものでした。この絵に描かれている少年をイエスさまと間違える人も多いそうです。 その表情、肌の色つや、視線、ほんとうに透き通るように、神さまに向けて一直線に思いを集中している幼いサムエルの姿は、神さま[…続きを読む]