あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

愛すること、愛されること - 2016.09.11

2016年9月11日 ファミリーチャペル 松本雅弘牧師 ルカによる福音書10章25~37節 Ⅰ.中川李枝子著、『子どもはみんな問題児。』 『ぐりとぐら』を描いた絵本作家の中川李枝子さんが子育ての本を書きました。『子どもはみんな問題児。』。表紙の絵が素敵ですし、タイトルがいいですね。私はこの本を、銀座の教文館に行った時に買ったのですが、帰りの電車で読み始めたら、ほんとうに引き込まれるように読んでしまいました。この本を読みながら、幾つか教えられることがありまし[…続きを読む]

受けいれること - 2016.08.14

2016年8月14日 ファミリーチャペル 松本雅弘牧師 詩編130編1~8節 マルコによる福音書10章13~16節 Ⅰ.「ありがとう」の一言の力 保護観察中の女子中学生がいました。彼女が学校の授業で高齢者施設の介護体験をしたそうです。彼女は最初、嫌々やっていましたが、ボランティアを終えて帰ろうとした時に、入所しているお年寄りが近寄って来て彼女の手を握って、「ありがとう、明日も来てくれるでしょう」と言ったのです。その一言を聞いた瞬間、本当に不思議なことに、そ[…続きを読む]

安心感を築き上げるもの - 2016.07.10

2016年7月10日 ファミリーチャペル 松本雅弘牧師 ペトロの手紙一 5章6~7節 Ⅰ.ラビンドラナート・タゴール作、「迷い出た小鳥たち」より ノーベル文学賞の受賞者、タゴールは、「迷い出た小鳥たち」という詩を書いています。 批判ばかり受けて育った子は 非難ばかりします 敵意に満ちた中で育った子は だれとでも戦います ひやかしを受けて育った子は はにかみ屋になります ねたみを受けて育った子は いつも悪いことをしているような気持ちになります 心が寛大な人の[…続きを読む]

愛という名の贈物 - 2016.06.12

2016年6月12日 ファミリーチャペル 松本雅弘牧師 コリントの信徒への手紙一13章4~8a節 Ⅰ.はじめに 以前、ある方がこんな話をしてくれました。息子さんから通知表を見せられた時のことです。「どれどれ、国語が3、数学が3、社会が2、ちっといただけないな・・。エーと、理科も2か、もう少し頑張らないと・・・。英語が3、まあまあかな・・。美術が6??!! エッ、何これ?! もしかして、10段階評価!!」。 ある子どもは通知表を見てがっかりする父親に向かって[…続きを読む]

現代を生き抜くための黄金律 - 2016.05.08

2016年5月8日  ファミリーチャペル 松本雅弘牧師 申命記10章19節 マタイによる福音書7章12節 Ⅰ.はじめに  私たちが生きていく上で、こういうやり方をすればうまくいく、間違いないという知恵やルールがあれば、どんなに助かることでしょう。世の中が目まぐるしく変わり、しかもそうした私たちの周りには様々な情報が溢れている中、今、どう生きたらよいのか、子どもの教育をどうしたらよいのか、皆、わからなくなっているからです。 「永遠のベストセラー」と呼ばれ、最[…続きを読む]