あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

重荷の担い手 - 2017.03.12

2017年3月12日 夕礼拝 和田一郎伝道師 民数記11章14~18a節 ガラテヤの信徒への手紙5章25節~6章5節 Ⅰ.偽善者 私は以前「あなたは偽善者だ」という風に言われたことがあります。その言葉は長い間、わたしの中に残っていました。何故、忘れずに残っていたかというと、ひょっとしてそうなのかも知れない、と思っていたからだと思うのです。その人は私が表面を囲っていて中身とは違うという意味で言ったのだと思います。それは確かに当たっていると思うフシがあったので[…続きを読む]

親よりも、子どもよりも夫婦― 夫婦関係の排他性 - 2017.03.12

2017年3月12日 ファミリーチャペル 松本雅弘牧師 創世記2章18~25節 Ⅰ.夫婦関係の排他性 創世記2章24節には夫婦関係における排他性が教えられています。 結婚の目的が、一緒に生きるということならば、もしかしたら、ここで「男は父母を離れて女と結ばれ」と書かれている箇所は単に「男は女と結ばれ」だけでもいいように思いますが、聖書はわざわざ念を押すように、「父母を離れて」という言葉を挿入し、「父母を離れること」が幸いな結婚生活に不可欠な条件だ、と教えて[…続きを読む]

主のもとに呼び集められて - 2017.03.05

2017年3月5日 受難節第1主日 松本雅弘牧師 イザヤ書52章7~10節 マタイによる福音書10章1~4節 Ⅰ.弟子の多様性 イエスさまがお選びになった12弟子のリストを見ますと、実に多彩な顔ぶれです。10章2節には、「まずペトロと呼ばれるシモン」とあります。誰の名から書くか、とマタイは考えた末、アイウエオ順でも年齢順でもなく、弟子の名前を挙げるならばまずはこの人、という思いで最初にペトロの名を挙げました。 他にも「この手をそのわき腹に入れてみなければ、[…続きを読む]

御霊によって歩みなさい - 2017.02.26

2017年2月26日夕礼拝 和田一郎伝道師 詩編143編7~12節 ガラテヤの信徒への手紙5章16~24節 Ⅰ.御霊によって、信仰によって パウロは、御霊によって歩むということを、信仰によって生きるということと同じものとして語っています。5章5節「わたしたちは、義とされた者の希望が実現することを、“霊”により、信仰に基づいて切に待ち望んでいる」と、霊と信仰を並列においているのです。これまでパウロは律法と対比させて、信仰だ、信仰によって義とされるのだと語って[…続きを読む]

ふたつの宝、ふたつの目、ふたりの主人   ―クリスチャン・スチュワードシップを考える - 2017.02.26

2017年2月26日 松本雅弘牧師 詩編23編1~6節 マタイによる福音書6章19~24節 Ⅰ.消費主義社会を支える偽りの物語―モノが幸せを運んでくる 私たちの身の周りには広告が溢れています。その商品を手に入れたら、お腹の脂肪が消えてなくなりますよ、とか、そのクリームを塗れば10歳若返った肌があなたのものになる、とか。このクルマのハンドルを握り、アクセルを踏めば、人生最高の瞬間を手に入れることになる、とか。もう様々です。 専門家によれば、私たちは60歳にな[…続きを読む]