あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

主にある家族 - 2017.09.03

2017年9月3日 松本雅弘牧師 イザヤ書5章1~12節 マタイによる福音書12章41~50節 Ⅰ.空の家 私たちは「木と実のたとえ」に耳を傾け、内側から清くされることの重要性についてイエスさまに学びました。その続きの教えを読みます時、実はそこにもまた落とし穴があることに気づかされます。 私たちは、悪霊が好む場は汚れたところと考えるのが普通でしょう。ところが、主イエスさまは、悪霊の好むのは綺麗に掃除され整えられた家、しかも空き家だというのです。 ある人の表[…続きを読む]

木とその実 - 2017.08.20

2017年8月20日 松本雅弘牧師 詩編51編1~28節 マタイによる福音書12章33~40節 Ⅰ.イエスがキリストである「しるし」を見せて欲しい 今日の聖書箇所を見ますと、ご自分の働きを神の霊の働きなのだと宣言するイエスさまに対し、何人かの律法学者やファリサイ派の人々が、「先生、しるしを見せてください」と迫ったことが出て来ます。 使徒パウロは、コリントの信徒への手紙で、「ユダヤ人はしるしを求め、ギリシア人は知恵を探します」(Ⅰコリント1:22)と語ってい[…続きを読む]

愛のために何を捨てますか - 2017.08.13

2017年8月13日 ファミリーチャペル 松本雅弘牧師 ヨハネによる福音書15章13節 ルカによる福音書7章36~50節 Ⅰ.「アイ・ラブ・ユー」=「死んでもいい」 (by 二葉亭四迷) 昔、二葉亭四迷が、「アイ・ラブ・ユー」という英語の言葉を、「死んでもいい」と訳したそうです。イエスさまは「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」(ヨハネ15:13)と言われ、愛ほど大きなものはないと教えてくださいました。 このイエスさまの言葉は私たちに[…続きを読む]

今、神の国が来ている - 2017.08.06

2017年8月6日 松本雅弘牧師 エレミヤ書23章23~32節 マタイによる福音書12章22~32節 Ⅰ.聖霊に逆らう罪 今日は、代々木オリンピックセンターで行なっている日本中会アジア青年交流会に参加するために、アジア各地から来られた6名の兄弟姉妹たちと共に礼拝を捧げています。 さて、今日の聖書箇所には「ベルゼブル論争」の結末として、イエスさまの口から「聖霊に逆らう罪/赦されることのない罪」という言葉が飛び出して来たことが記されています。これは、聞く私たち[…続きを読む]

彼は傷ついた葦を折らず - 2017.07.23

2017年7月23日 松本雅弘牧師 イザヤ書42章1~4節 マタイによる福音書12章9~21節 Ⅰ.片手の萎えた人 麦畑での安息日論争に区切りをつけた主イエスは、弟子たちと一緒に会堂にお入りになりました。するとそこに片手の萎えた人がいました。同じ出来事を記したルカは、その手が「右手」だったと報告しています。 「右の手」とは「利き手」でしょう。糧を得るために使う手です。物を掴み、物を作り、生活を支えていく手が「右手」です。その「働き者」の「右手」が萎えて動か[…続きを読む]