あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

決して言ってはならない言葉 - 2017.10.15

2017年10月15日 秋の歓迎礼拝 松本雅弘牧師 コリントの信徒への手紙一 12章14~27節 Ⅰ.決して言ってはならない言葉 「おいちゃん、それを言っちゃおしめえよ」というフーテンの寅さんの有名なセリフがあります。皆さんは、「あの時、あんなことを言わなければよかった」とか、「あれは絶対言っちゃいけない言葉」だったなどと、その事を思い出すと、今でも悔やまれるという経験はないでしょうか。 今日は説教のタイトルに「決して言ってはならない言葉」と付けました。実[…続きを読む]

何をして欲しいのか? と聞かれたら - 2017.10.08

2017年10月8日 松本雅弘牧師 マタイによる福音書20章20~34節 Ⅰ.親の願いの背景にある価値観 イエスさまから「何をしてほしいのか」と聞かれたら、皆さんはどうお答えになるでしょうか? 私たちは、誰もが幸せを願っています。親でしたら子どもの幸せを願うものでしょう。 そして、しばしばその願い、期待の裏側には、その人の価値観が反映されています。それは、生きる上で何が大切なのか、どのようなことが幸せにつながるのかという、その人の考え方です。 Ⅱ. 何をし[…続きを読む]

望みを抱き信頼しつつ歩む - 2017.10.01

2017年10月1日 松本雅弘牧師 ミカ書7章1~10節 マタイによる福音書13章24~43節 Ⅰ.天の国のさまざまな姿 13章に入り、イエスさまは「天の国」についてのたとえ話を次々とお語りになりました。ちょうど富士山を4方から眺めるように、神さまが、4人の福音書記者たちによってイエスさまのご生涯とその教えを伝えることにより、よりリアルで立体的なイエスさまを指し示そうとなさった、そのように主イエスさまは、様々なたとえを用いながら天の国のいろいろな側面につい[…続きを読む]

実を結ぶ種 - 2017.09.24

2017年9月24日 松本雅弘牧師 詩編119編105節 マタイによる福音書13章1~23節 Ⅰ.たとえが持つ2つの側面 イエスさまはたとえ話の名人でした。身近な題材を使って、常にピタッとはまるたとえ話をされ、それによって神の国の深い真理を教えられました。 たとえにはもう1つの側面があります。それは、分かる人にだけ分かるという側面です。分かり易くするのではなく、どこか煙に巻くように、分かりにくくするためにもたとえが用いられる場面があるのです。 Ⅱ.種を蒔く[…続きを読む]

人生を完成へと導かれる神 - 2017.09.17

2017年9月17日 敬老感謝礼拝 松本雅弘牧師 イザヤ書43章1~5節前半 フィリピの信徒への手紙1章3~11節 Ⅰ.敬老感謝礼拝の意義 高座教会では、75歳以上の、信仰の先輩、人生の先輩の方々を守り、導き、祝してくださる神さまを礼拝し、また、これからもお一人ひとりに祝福があるようにと願って敬老感謝礼拝を行なっています。今日はその敬老感謝礼拝です。 ある時、イエスの母マリアと兄弟たちが、主イエスを呼びにやって来ました。大勢の人たちが集まっていましたので、[…続きを読む]