あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

神の子としてー礼拝に生きる - 2018.01.28

2018年1月28日 和田一郎伝道師 申命記6:4-15 マタイ4:1-11 Ⅰ.サタンという存在 イエス様は、ごく普通の男子として成長され、およそ30歳の時にナザレでの生活を離れて宣教の働きに出ます。宣教の働きに就く前に、二つの事をイエス様はなされました。それが洗礼者ヨハネから洗礼を受けること。そして今日の聖書箇所で荒れ野に行かれてサタンの誘惑を受けるという二つの事です。 神の子として来られたイエス様ですから、洗礼を受けることも、サタンの誘惑を受けること[…続きを読む]

ひとつの出会いー主にある交わりに生きる - 2017.12.31

2017年12月31日 和田一郎伝道師 エレミヤ書29章10~14節 コロサイの信徒への手紙3章16節 Ⅰ.主にある交わり キリスト教会にとって、2017年は宗教改革500周年の年でした。1517年にルターが宗教改革の大きな一歩を踏み出しましたが、わたしたちの高座教会もこのルターからはじまった宗教改革の流れの中で生まれたプロテスタント教会です。宗教改革を源流とする教会はこの500年で世界中に広がり、70年前にこの地域を拠点として宣教のために生み出されたのが[…続きを読む]

和解と平和 - 2017.11.26

2017年11月26日夕礼拝 和田一郎伝道師 創世記2章15~17節 コロサイの信徒への手紙1章18~20節 Ⅰ.はじめに コロサイの信徒への手紙は、パウロが牢獄の中から小アジアに住む、キリストを信じる信徒たちに向けて書いた励ましの手紙です。1章のここまでは、キリストがどのような人であるのかを丁寧に伝えているところです。キリストとはどのような方なのでしょうか。 まず、キリストは「見えない神の姿」であることです。そして「すべてのものが造られる前に生まれた方で[…続きを読む]

何を求めて生きるのか - 2017.10.29

2017年10月29日 秋の歓迎礼拝 和田一郎伝道師 ペトロの手紙一2章1~6節 Ⅰ.白黒はっきりしたキリスト教? 今日の聖書箇所の1節は「悪意、偽り、ねたみ、悪口をみな捨て去って、生まれたばかりの乳飲み子のように、混じりけのない霊の乳を慕い求めなさい。」とあります。この手紙を書いたペトロは、その代わりに「霊の乳」つまり、「聖書の言葉」に従って歩きなさいと教えています。人間の悪意や偽りを捨て去るというのは、本当に難しいと思います。そして聖書の御言葉を求める[…続きを読む]

第一のものを第一とする生き方 - 2017.10.22

2017年10月22日 夕礼拝 秋の歓迎礼拝 和田一郎伝道師 創世記1章26~28節 コロサイの信徒への手紙1章15~17節 Ⅰ.第一に優先しているものは何ですか? 教会に所属している人はクリスチャンと呼ばれますが、コロサイの信徒への手紙という手紙が書かれた時代に、クリスチャンという言葉が生れたようです。ギリシャ語で「クリスチャノス」と呼ばれました。イエス・キリストを、自分たちの救い主と信じる人はクリスチャンと呼ばれました。ある人が、「クリスチャンになると[…続きを読む]