あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

パンを渡された二人 - 2018.04.29

2018年4月29日 春の歓迎礼拝 和田一郎副牧師 ルカによる福音書24章13~35節 Ⅰ.復活の後で 今日の聖書の話しは、横にイエス様がいるのに「えっあなた、イエス様だったのですか?」と、気づかなかった人の話しです。それは、イエス様の十字架の出来事から3日後の日曜日の事でした。イエス様が十字架で死なれたあと、弟子達は落胆していました。3年ものあいだ、寝食を共にしていて、自分たちの国を解放してくれると期待していたイエス・キリストは十字架に架けられて死んでし[…続きを読む]

キリストの後ろ姿 - 2018.04.22

2018年4月22日 春の歓迎礼拝 和田一郎副牧師 ルカによる福音書23章13~27節 Ⅰ.イエスに出会った二人の人 今日の聖書箇所は2千年前のユダヤの国が舞台です。そこではイエス・キリストという救世主が、人々の心や体の病気を癒し、神様とはどんなお方なのかを人々に教えながら、町から町へと旅をしていました。イエス・キリストを救世主と先ほど言いましたが、旧約聖書には数千年に渡って「ある一人の救世主が現れます」との預言が書かれています。その救世主であるイエスキリ[…続きを読む]

いったいこれはどういう人だ - 2018.03.25

2018年3月25日 受難節第6主日 和田一郎副牧師 ゼカリヤ書9章9~11節 マタイによる福音書21章1~11節 Ⅰ.はじめに 2千年前、エルサレムでは過越しの祭りが行われようとしていましたが、この時代も混沌とした時代でした。特にユダヤ人にとっては、自分の国をローマ帝国に支配されていましたから、違う神を崇める異邦人によって支配されているという屈辱感がありました。そのような闇の中に光を灯す存在として、来られたのがイエス様でした。多くの人々が、イエス様の話し[…続きを読む]

交わりへの招待 - 2018.02.25

2018年2月25日 和田一郎伝道師 出エジプト記18章5~12節 ヨハネの手紙一 1章3~4節 1 宣教の目的 「交わり」という言葉は、いわゆる人と人との付き合いや、交友関係を意味しています。今日の聖書箇所でも「交わり」という言葉が3回出てきますが、ここで使われる原語の言葉は、よく耳にする「コイノニア」というギリシャ語です。 たとえば、礼拝の最後で祈る祝祷も「主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが・・・」という、「交わり」もコイノニアです。わた[…続きを読む]

神の子としてー礼拝に生きる - 2018.01.28

2018年1月28日 和田一郎伝道師 申命記6:4-15 マタイ4:1-11 Ⅰ.サタンという存在 イエス様は、ごく普通の男子として成長され、およそ30歳の時にナザレでの生活を離れて宣教の働きに出ます。宣教の働きに就く前に、二つの事をイエス様はなされました。それが洗礼者ヨハネから洗礼を受けること。そして今日の聖書箇所で荒れ野に行かれてサタンの誘惑を受けるという二つの事です。 神の子として来られたイエス様ですから、洗礼を受けることも、サタンの誘惑を受けること[…続きを読む]