あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

キリストの真実 - 2016.07.31

2016年7月31日 和田一郎伝道師 詩編100編1~5節 ガラテヤの信徒への手紙2章19~21節 Ⅰ.はじめに 広島の原爆の慰霊碑に書かれている言葉があります。「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と記されているそうです。逆の見方をすれば、人は過ちを繰り返してきました。過ちを繰り返す性質があるわけです。過去を思い起こすのは、二度とそのような過ちを繰り返さないためですが、私たちがイエスキリストを信じる前と、後とを、思い起こしたいと思いました。私た[…続きを読む]

信仰による義 - 2016.07.24

2016年7月24日夕礼拝 和田一郎伝道師 詩編27編13~14節 ガラテヤの信徒への手紙2章15~19a節 Ⅰ.前節までのあらすじ 前回、パウロのいるアンティオキア教会に、ペトロがやって来て、人々と一緒に食事をしていたという箇所を見てきました。ペトロはユダヤ人でしたが、異邦人とも一緒に、分け隔てなく食事をしていたのです。ペトロがアンティオキアに来て異邦人と一緒に食事をすることは、ユダヤ人と外国人に分け隔てなく、福音が与えられることを伝えるためには、大切な[…続きを読む]

人の目を気にする時 - 2016.07.10

走りながら考える - 2016.06.26

2016年6月26日夕礼拝 和田一郎伝道師 創世記28章13~15節 ガラテヤの信徒への手紙2章1~10節 Ⅰ.一致しなければ無駄になる 2章1節は「その後14年たってから」と始まります。サウロがダマスコ途上で、復活したイエスに出会ってから14年ということのようです。あるいは、初めてパウロがエルサレムを訪れてから14年という意味かもしれません。どちらにしても、パウロは同労者バルナバと一緒に、若いテトスを連れて、エルサレムに上りました。今回のエルサレム訪問の[…続きを読む]

人でなくキリストによる - 2016.05.29

2016年5月29日 和田一郎伝道師 エレミヤ書9章11~15節 ガラテヤの信徒への手紙1章10~17節 Ⅰ.初期キリスト教会の問題 パウロは確信があるが故に、ガラテヤ書1章10節で「私は人に取り入ろうとしているのではない、人の気に入ろうとしているのでもない」と強く主張しました。パウロがガラテヤ書1章全体で主張したかったことは、福音の意味、福音理解でした。イエス・キリストの福音というのは、イエス様を救い主と信じる信仰によるものです。割礼と律法を守らなくても[…続きを読む]