カテゴリー
主日共同の礼拝説教

重荷の担い手

2017年3月12日
夕礼拝
和田一郎伝道師
民数記11章14~18a節
ガラテヤの信徒への手紙5章25節~6章5節

Ⅰ.偽善者

私は以前「あなたは偽善者だ」という風に言われたことがあります。その言葉は長い間、わたしの中に残っていました。何故、忘れずに残っていたかというと、ひょっとしてそうなのかも知れない、と思っていたからだと思うのです。その人は私が表面を囲っていて中身とは違うという意味で言ったのだと思います。それは確かに当たっていると思うフシがあったのです。勿論私も、短気に腹を立てたり、人を恨んだりもするわけです。これって偽善と言えば偽善なのかな?と、思っていました。
先週の日曜日は、渋沢教会の60周年の記念礼拝に出席したのですが、説教された生島先生がこんなことを、おっしゃっていました。嫌だなと思っている人がいるとします。その人に対しても、笑顔で「ようこそ」って言うようにするのは、御霊に導かれているって言うのです。パウロが「御霊によって歩みなさい」と言ったことです。その人の事が好きになれないどころか、どうにも嫌いなのだと思っていても、無理をしてでも笑顔で「ようこそ」って言うようにする。二回目は最初よりも無理しなくて言えるようになって、ずっと続けていると自然と「ようこそ」って言えるようになると言うのです。だんだん変わっていくのです。やがてそういう振舞いをする人が、いつでも、誰にでもそういう風に言える人に変わっていく。それは聖霊がその人を変えようとしているのだと仰っていました。もし「好きでもない人に笑顔を向けるなんてできない」、「腹の中で思ってもいないことを、そのまま口にするなんてしたくない」と思う人と、片や、無理にでも穏やかに笑顔を向けようとする人がいて、聖霊がその人を変えようとしているのなら、どちらの人が変わりやすいですか? 最初は無理して笑顔を作っていたかも知れないけれど、何度も繰り返していると、そのうち慣れてくる、でもそれは慣れてきたのではなくて、聖霊が働かれている。と言うのです。
パウロが、25節のところで「霊の導きに従って生きているなら、霊の導きに従ってまた前進しましょう!」と、前向きな考え方で勧めている生き方って、クリスチャンの生き方のことなのです。
ですから、イエス様を知る以前に、自分は偽善者じゃないかと思っていた私に、表と裏を使い分けてごまかして生きていくのではなくて、本当にそういう人間に変わっていきたいと思っているのなら、それは完全じゃなくても御霊に従って生きる、キリストに似たものに近づこうとするキリスト者の生き方なのだと思えて、ほっとする思いがありました。
26節を見るとガラテヤの教会では、どうやら内輪もめや争いごとがあったようです。しかし、パウロは互いに妬んだり、挑み合うことは聖霊の働きではない。聖霊の働きを邪魔することだと、この手紙で勧めています。

Ⅱ.過ちに対して

ガラテヤの信徒への手紙6章は最後の章になりました。「もしだれかがあやまちに陥ったなら」という言葉があります。これは、故意に罪を犯し続けている人ではなく、間違って罪を犯してしまった人のことです。その時に、パウロは 5 章で話した「御霊に導かれる」原則を話しています。御霊の人であればその実の表れは「柔和(5:23)」でありました。御霊である人が、罪に陥った人を柔和な心で正してあげなさい。こうして、互いに愛をもって仕えるというキリストの律法を全うさせなさいということです。
ここで取り扱われている問題は、私たちクリスチャンが、あやまって罪に陥ってしまった兄弟に、どのように接していけばよいのか、ということです。すでに自分がやってしまったことで傷ついている人を、さらに指摘する必要はありません。むしろ、その人が回復することができるように、助けてあげるというのが私たちの役目です。パウロは、「柔和な心で」と言っていますが、罪を犯して傷ついている人に対して、私たちは、言葉を選び、主から励ましとあわれみの言葉を話すことができるように祈り、そしていっしょに祈ってあげることが必要です。
もし、罪を犯しても、悔い改めない人に対しては、イエス様が弟子たちに語られた原則があります。「兄弟があなたに対して罪を犯したなら、行って二人だけのところで忠告しなさい。言うことを聞き入れたら、兄弟を得たことになる。聞き入れなければ、ほかに一人か二人、一緒に連れて行きなさい。すべてのことが、二人または三人の証人の口によって確定されるようになるためである。それでも聞き入れなければ、教会に申し出なさい。教会の言うことも聞き入れないなら、その人を異邦人か取税人と同様に見なしなさい。」(マタイ18:15-17)ここで大事なのは、二人、三人の証人とあるように、自分が見聞きしたものが果たして正しいのか、その判断を一人で決めないことです。複数で慎重に話し合うことが大切です。それは飽くまでも、その人を立ち帰らせるためのものだ、ということです。
パウロはここで、「あなた自身も誘惑されないように気をつけなさい。」と言っています。だれかが罪を犯してしまったとき、私たちが柔和な心で接することができるようにするのは、むしろ自分もまったく同じ罪を犯してしまう者だと知らなければいけません。そして、ますます、自分の弱さのために神からの助けを祈らなければいけません。そして、人を非難している時に、実は自分自身がそれと同じ罪に近づいていることがしばしばあるからです。「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。兄弟に向かって、『あなたの目からおが屑を取らせてください』と、どうして言えようか。自分の目に丸太があるではないか。」(マタイ7:3-4)。むしろ、同じ罪があるからこそ、その人に厳しくなるのです。

Ⅲ.重荷を負う担い手

「互いに重荷を担いなさい」と言っています。ここの「互いに」という言葉がとても大事です。クリスチャンの信仰生活は、それぞれが独立して一人で神様との関係を大切にして生きるのではありません。または、自分の悩みが解決されることだけを求めて教会に来るのでもありません。孤立するのでもなく、依存するのでもない、「互いに重荷を担いあう」関係がクリスチャンには必要なのです。「コスパ」という言葉を最近よく耳にします。コストパフォーマンスの略で、費用と効果を比べた度合いのことで、かけた費用に対して効果が高い場合「コスパが高い」、逆の場合は「コスパが低い」といいます。この言葉が使われるというのは、恐らく損をしたくないという思いが根底にあるのでしょうね。
「互いに重荷を担いあう」なんていう考えはコスパが悪い教えだと思いますね。「家族同士なのだから重荷を担いあおう」と言っても、結婚や子育てもコスパが悪いのです。一つ与えたら一つ見返りを受け取るなんて期待していたら、家族は崩壊です。恋人どうしでも友人でもそうでしょう。ようするに相手にしてあげた事への見返りを期待していたら、その関係は続きません。とくに自分が間違いを犯して、自分の罪に傷ついている人が、何の見返りも要求されず、御霊の実にある柔和な態度で、神様の前で正しく歩めるように成されたなら、何かを与えられた人はどう思うでしょうか? そのような無償の助け合いこそが、パウロの求める「互いに重荷を担いなさい」という事です。最後の5節で「めいめいが、自分の重荷を担うべきです」とあります。これは神様の前で自分自身の生き方について責任を負うということです。ある人はこの重荷を次のように例えました。「この重荷というのは、荒波の中を進むヨットが、荒波の中でも倒れないで真っすぐに走って行くために必要な、船底にある重りのことだ。」としていました。私たちが人生の荒波に襲われても、倒れてしまわないために、なくてはならない重りです。
神様は私たち一人一人に、自分しか負うことができない責任を与えています。その責任からくる重荷は、本当に自分らしい人生を送るために、なくてはならないものなのです。
わたしたちの中で神様に必要とされていない人はいません。
私たちはお互いを必要とする者たちとして、柔和な心を持って互いに愛し合い、仕えあうようにとイエス様に招かれた神の家族の一員です。この一週間も御霊によって生かされ、御霊に導かれて、兄弟姉妹と心を一つにして信仰の歩みを続けたいと願います。

カテゴリー
ファミリーチャペル 主日共同の礼拝説教

親よりも、子どもよりも夫婦― 夫婦関係の排他性

2017年3月12日
ファミリーチャペル
松本雅弘牧師
創世記2章18~25節

Ⅰ.夫婦関係の排他性

創世記2章24節には夫婦関係における排他性が教えられています。
結婚の目的が、一緒に生きるということならば、もしかしたら、ここで「男は父母を離れて女と結ばれ」と書かれている箇所は単に「男は女と結ばれ」だけでもいいように思いますが、聖書はわざわざ念を押すように、「父母を離れて」という言葉を挿入し、「父母を離れること」が幸いな結婚生活に不可欠な条件だ、と教えているのです。
これは、今日は説教の副題の「夫婦関係における排他性」ということです。「排他性」とは厳しい響きがあります。これは夫婦の間に他のどんなものも入り込ませてはならない、ということを意味しているのですから。
しかし、聖書を読めば読むほど、まさに、そうしたことを大切にするように教えられていることが明らかにされていきます。つまり、夫婦の間には、夫婦以外のどんなものも入り込ませてはならない。もし何かが入って来たならば、夫婦関係は簡単に崩れて行きますよ、という意味なのです。
先週、「マリッジコース」という集会がありました。その時のテーマは「衝突を解決する」というもので、私たち夫婦が進行役を務めさせていただきました。
テキストに「どんな夫婦でも衝突することがあるのはどうしてか?」と問いかけがあり、その理由は、「夫婦は互いに、違う者同士だから」、と教えられていました。
私たち夫婦も結婚当初は、よく衝突しました。それぞれ育った家庭環境が全く違います。妻の父親は、アメリカ生まれの日系二世です。また母親の方も、妻から見れば祖父にあたる父親は若い頃、ロシアでバレエをしていた人でした。
その母親の実家に遊びに行ったことがありますが、建物自体も古い洋館で、すべてが洋風な家庭でした。男性が優しい、というか、女性が強いのです。レディー・ファースト、なのです。それに対して私が育った家庭は、亭主関白。典型的な日本の家庭でした。妻と私の実家、それぞれの家庭の中で夫婦の関係が真逆なのです。それで、妻はいちいち私の言うことにつっかかって来る。
私の方の母はと言えば、父親の言うことに何も言わずに従うタイプでしたのに、妻は、私に口答えしてくる、意見が対立するのです。場合によっては議論で負けてしまうのです。
ある時、私は妻に、「こんな喧嘩は嫌だ」と強く伝えました。すると妻はびっくりした顔をして、「雅弘さん、これはケンカではありません。話し合いです」と言ったのです。私も単純なので、「話し合いだったらいいか」と思い、それ以来、話し合いが続いています。
当たり前なのですが、結婚した後、想像以上に自分の育った家庭の文化を引きずっているのです。何で衝突するのかといえば、どちらか一方が自分の生まれ育った家庭の文化を相手に押し付けようとするからです。
結婚式場に行くと、一般に「誰々家、誰々家 結婚式場」と看板に書かれています。しかし聖書の考え方による結婚式では、例えば、私たちの場合でしたら「松本雅弘、中山徳子 結婚式場」となります。
つまり家と家の結婚ではなく、それぞれの家から離れた男女が結ばれ、新しく2人の家庭を作ることのスタートの式ですから、「誰々と誰々の結婚式」となるのです。
結婚の前提として「父母を離れる」と言うのはそういう意味です。そして、これは父母だけの問題ではなく、夫婦の間には、他の男性女性は勿論、仕事関係や友人との付き合いなど、そうしたもの全てが、決して間に入ってはいけないのです。ただ、その中でも一番入って来やすいのが、父母なのだ、というのが聖書の主張です。

Ⅱ.夫婦の関係は相手があって初めて成り立つ関係

ところで、結婚関係、この夫婦の関係は、相手があって初めて成り立つ関係です。当たり前ですが、夫は自分1人では夫になれませんし、妻も夫がいるから妻なわけです。「自分には夫はいませんが、私は妻です」という言い方は成り立たたないわけで、必ず「誰々さんの夫」、妻は「誰々さんの妻」です。こうした性格を持つ夫婦という関係を保つには、互いに対してしっかりと向き合っていることが大事になります。
ところが、現実はどうかと言うと、結婚してしばらくすると、この基本が危うくなるのです。ここでまさに「父母を離れる」という「親離れ」が問われてきます。別の言い方をすれば、夫婦の間に、別の何かが入り込むことが起こるのです。

Ⅲ.夫婦の関係が祝されると家庭も祝福を受ける

結婚してしばらくすると、夫も妻もそれぞれの役割が増えて来ます。夫は会社が忙しくなり、また、子どもが与えられれば、妻は母親としての働きが求められてきます。夫の会社での責任が増え、妻との時間がなかなか持てない。次第に妻にとって夫が物理的にも精神的にも疎遠な存在になってしまう。
その結果、妻は自分を「妻」として意識する機会が少なくなります。ふと、「私は一体、何なのかしら?」と思って周りを見回してみた時に、そこに子どもが居たことに改めて気づかされる。その瞬間、突然スイッチが入り、よい母親であることに自分の存在価値を見出すようになっていく。勿論、母親であることの自覚は当然で尊いことです。決して間違っていません。ただ、問題は、夫と妻という関係の中で初めて満たされるべき心のニーズを、夫の存在が希薄であるがために、どうしても、子どもとの関係の中で満たそうとする。そのところに、問題が起こるということだと思うのです。
以前、ファミリーチャペルの時に、結婚カウンセラーで津田塾大学の講師をされている村瀬幸治さんの書いた文章を紹介させていただきました。村瀬さんは、最近の親の、子どもへの過干渉に触れ、「なぜ親はそんなに子どもに執着するのか」、と問題提起し、その理由は「親が1人の大人として、安心して生きていないからではないか。子どもとのかかわりのなかでしか、自分の存在感を感じることが出来ないとか、・・」と語っていました。
村瀬さんに言わせると、そうした家庭は夫婦が共に生活しているというよりも、「夫という名の会社員」と「妻という名の母親」が同居している状態に過ぎないのではないか、というのです。
自分が子どもの頃のことを思い出す時、何が安心で幸せかと言えば、お父さんとお母さんが互いを大切にし合っている姿を見る時だったと思います。そうした、夫婦が中心の家庭の中で子どもは安らぎを感じるのです。
このようなお話をしますと、そんなことをしたら子どもがひがむのではないかと反論する人もいますが、そうではありません。
逆に妻が妻であることを忘れ、子ども一辺倒の母親として世話を焼き、子どもを可愛がったとしても、たぶん子どもは幸せを感じないでしょう。「ボクはいいから、お父さんを大事にして」と思うのではないでしょうか。
また「俺が稼がなければ、お前たちは食べていけないんだから」と言って、いつも仕事のことしか考えていない。罪滅ぼしのように物を買い与え家の中を整えたとしても、誰が幸せを感じるでしょう。お金で建てられるのは「ハウス」であっても「ホーム」ではない。それは夫と妻で協力して形成するものです。ハウスがあっても、ホーム(家庭)がなければ誰が幸せになれるでしょう。そんな家の子どもに訊けば、「親父、お袋をかまってやってくれよ。そうでなければ、安心して、あんたたち二人を置いて、オレ、結婚もできやしないじゃないか」と心の中で訴えているのではないかと思うのです。

Ⅳ.親よりも、子どもよりも、夫婦が大切

先日、物干しに干してある洗濯物の少ないのを見て、子どもたちは巣立っていくんだなぁ、と改めて実感しました。どんなに手がかかっても、いつかは巣立って行きます。仕事も同じです。どんなにやりがいのある仕事であっても、いつか後輩にバトンタッチしていくものです。でも夫婦関係は違います。どちらかが天に召されるまでずっと続きます。私たちの失敗は、変わるものに目を奪われすぎることです。そしてもう1つ、変わらないもの、変えてはいけないものを軽く扱ってしまうこと、おろそかにしてしまうことです。
聖書は語ります。「それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる」。
最後に、皆さんに質問して終わりにしたいと思います。もし、奥さまに、「私と両親とどっちが大事なの!?」と訊かれたら何と答えますか。旦那さんに、「俺と子どもとどっちが大切なんだ!?」と質問されたら、どう答えるでしょうか? そう、躊躇なく、「もちろん、君だよ」、「もちろん、あなたよ」と答えていただきたいと思います。まずは夫婦の関係を優先して生きる時、結果として、父母との関係も親子の関係も祝福されるからです。お祈りします。

カテゴリー
主日共同の礼拝説教

主のもとに呼び集められて

2017年3月5日
受難節第1主日
松本雅弘牧師
イザヤ書52章7~10節
マタイによる福音書10章1~4節

Ⅰ.弟子の多様性

イエスさまがお選びになった12弟子のリストを見ますと、実に多彩な顔ぶれです。10章2節には、「まずペトロと呼ばれるシモン」とあります。誰の名から書くか、とマタイは考えた末、アイウエオ順でも年齢順でもなく、弟子の名前を挙げるならばまずはこの人、という思いで最初にペトロの名を挙げました。
他にも「この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない」(ヨハネ20:25)と啖呵を切ったがゆえに、後に「疑い深いトマス」などと不名誉なニックネームで呼ばれることになったトマスの名前も出て来ます。
最後にはイスカリオテのユダです。福音書記者マタイは12人の名前を挙げながら、そうした主イエスの弟子選びの不思議さ、不可解さをアピールしているように思います。
イエスさまはガリラヤで伝道活動を始めました。そして、ここに出て来る弟子たちがその活動の中で、イエスさまに呼び集められたのです。
ペトロもアンデレもそうでした。あの日、イエスさまはガリラヤ湖のほとりを歩いておられました。そこに仕事中のペトロとアンデレがいたのです。その彼らをイエスさまは召されました。ペテロたちの方から、「弟子にしてください」と願い出たのではなく、あくまでもイエスさまが彼らに声をかけられ、弟子となるようにと招かれたのです。その時、彼ら漁師たちの方は、漁に夢中でしたし、真剣に網の手入れをしている最中です。イエスさまのことなど眼中にありません。彼らはイエスさまを見ていないのです。「今日は、不漁だ」とか、「もう、明日に期待するか」とか、「この網、大分古くなったから、新調しないと」とかで心がいっぱいでした。ペトロなどは家で熱を出していた姑の病気が気がかりで、「熱、下がったかな」なんて考えていたかもしれません。いずれにしても、そうしたことしか頭の中になかったのです。イエスさまのことは考えていませんでした。
でもイエスさまは違っていました。そうした彼らをじっとご覧になっていたイエスさまの、その眼差しに福音書記者マタイは私たちの心を向けさせたいのです。
例えば、著名なヴァイオリンの先生がどのようにお弟子をとるのでしょうか。そうした先生に見てもらうためには、その有名な先生のところにたどり着くまでが大変だと言われます。人の紹介を経て、やっとそのヴァイオリンの先生のところにやってきます。その時、先生は、紹介されてやって来た、その生徒のお手並みを拝見します。まずは自分の前で弾かせることでしょう。その演奏を聞きながら、その子の将来性や才能を評価することでしょう。そうした上で、最終的に弟子にするかどうかを判断するのです。
しかし、ペトロやアンデレ、ここに出て来る12人の弟子たちを召された時、またお選びになった時に、イエスさまはどのような目をもって弟子たちを御覧になったのでしょうか。
先ほどのリストに戻りますが、ここに名前が挙げられた12人の弟子たちを見る時、人間的に優秀であるとか、将来性があるとかは残念ながら言えません。みんな、ごくごく平凡な人たちです。つまりイエスさまは決して、私たちを評価し判断する目で見てはおられない、ということです。出来がいいから、優秀だからということで招いているのではないということです。
イエスさまは理由なき理由で、評価する目ではない目をもって一人ひとりを御覧になり、「わたしに従いなさい」と、弟子として招いてくださっているのです。そうしたイエスさまの優しさ、イエスさまの不思議さに圧倒される思いがします。
ですから、誇るものなど何もない。そして誇る必要もないのです。天才音楽家や、スカウトの目に留まった野球選手でしたら、その能力や将来性を評価されたのですから、誇れるでしょう。でもイエスさまの弟子であることは、まったく異なる基準によって選ばれているのです。
その理由は全く分かりませんが、「にもかかわらずの愛」をもって、この私に目を注ぎ、「わたしに従いなさい」と招いておられるのです。ここが大切なのではないでしょうか。

Ⅱ.隔ての壁

12弟子の名前のリストに戻りましょう。ここにシモン・ペトロとヨハネがいます。この2人は最後の最後までライバル関係にあったようです。さらにもう一組、対立が起こりかねない2人がいました。徴税人マタイと熱心党のシモンです。この2人はその立場上、油と水のような存在でした。徴税人はローマのために税金を集める者でした。しかもローマ帝国の権力をバックに自分の取り分を上乗せして儲けていました。一方の熱心党、これは政治結社です。ローマ帝国の支配に武力をもってでも対抗し、いつかローマ権力を追い出してやると意気込んでいた政治的グループでした。将来、神から遣わされるダビデの子・メシアがやって来たら、イスラエルは解放される。その戦いのためには、命や財産も惜しまず捧げる覚悟をもっている人、それが熱心党の人たちでした。つまり超愛国主義者です。ですから熱心党からしたら、敵国ローマの手先になって、ユダヤの同胞をローマに売り渡すようなことをしている徴税人たちは、もっての外の存在でした。
イエスさまは、この油と水のようなシモンとマタイの2人を同じ日に12弟子集団に召されたのです。私たちの言葉で言えば、主イエス・キリストを中心とする「主にある交わり」の中に呼ばれたのです。
お互いの存在を決して認めず、反目し合っている彼ら2人を、同時に、自分のもとに、12弟子の1人として、それぞれ招かれたのです。これは常識では考えられないことだった思います。お互いの間には溝があり、壁や偏見がありました。ところが、イエスさまは、ご自身の名においてその両者を同じ交わりの中に招かれているのです。
つまり、このイエスさまの弟子選びの中に、すでにイエスさまが実践しようとされた和解の福音、平和の福音が体現されていた、ということなのです。違う者、いや場合によっては敵対し合う者同士が、主にあって共に生きる可能性が、ここにあるのです。

Ⅲ.隔ての壁を壊すキリストの十字架

先週、アカデミー賞の授賞式で、ハリウッドの俳優たちからトランプ大統領批判が飛び出し、それが新聞やテレビで報じられました。ちょうど同じ日に、安倍首相夫人が名誉校長として名を連ねた学校法人の幼稚園で、子ども達による「宣誓の言葉」が報じられ、私は耳を疑いました。
いずれの政治家も壁を作ることに熱心です。ティリッヒは「私たちが壁を作るのは、私たちの心の中に壁があるからだ」と言いましたが、心の中の疑いや恐れ偏見が、外側に壁となって現れてくるのです。これはイエスさまの十字架と全く正反対です。
パウロは次のように語っています。「実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました。こうしてキリストは、双方を御自分において一人の新しい人に造り上げて平和を実現し、十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました。」(エフェソ2:14~16)
パウロはここでユダヤ人と異邦人の壁を問題にしましたが、こうした壁はユダヤ人と異邦人の間だけではありません。私たちの周囲にたくさんあります。国家間の壁、民族間、宗教間、経済的な格差の壁。日常的にも世代間や親子間、夫婦間の壁なども経験することがあります。イエスさまは十字架において、その壁を取り壊そうとされたのです。ご自分の痛みと犠牲を引き換えにして和解を成し遂げたのです。

Ⅳ.和解の福音の実践者としてのイエスの弟子たち

12人の弟子たちのリストを見る時、極めて異質な者同士の集まりであることに気づかされます。実際にイエスさまをお金で売るようなイスカリオテのユダも含まれているのです。
最初から爆弾を抱え込むような決意をもって、そのような人たちが同じ日に、同じ仲間に召されたという事実の中に、和解の福音を宣教していく弟子たち自身が、まずその和解の実践者として生きるようにというイエス・キリストの願いが込められていた12弟子の御召しだったのではなかったか、と思うのです。
イエスさまは、ご自分の愛する12弟子が、その交わりにおいて和解の実践に生きること、さらにまた、その彼らを用いて、和解と平和の福音を世に広げていこうとされたのです。
いま私たちは和解の食卓を共に囲むように招かれています。「主が受け入れてくださるから、私たちも互いに受け入れ合おう」という主の召しに生きる者でありたいと願います。お祈りします。