あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

聖なる生活 - 2019.11.24

和田一郎副牧師 出エジプト記3章1-5節、Ⅰテサロニケ4章1-8節 2019年11月24日 Ⅰ.イスラエルの民と聖であること この手紙の4章に入り、「神に喜ばれる生活」という具体的な信仰生活がテーマとなっていきます。3節に「聖なる者となるため」と、7節には「聖なる生活をさせるためです」とあるように、神に喜ばれる生活とは「聖なる生活をする」ことと重なっています。 「聖」という文字は、英語では「ホーリー」、ヘブライ語では「コデッシュ」という言葉です。モーセは、[…続きを読む]

仕える者となる - 2019.11.17

松本雅弘牧師 マタイによる福音書20章17節―28節 2019年11月17日 Ⅰ.復活の勝利の予告 今日の箇所には、主イエスの3回目の受難の予告が出てまいります。前の2回と比べると、この予告には特徴があります。これまではただ「殺される」と言っていたのに対し、今回は、はっきりと、十字架につけられ、神に呪われた罪人として殺されることが明言されています。そして、最後に主は「人の子は3日目に復活する」と復活の予告を続けてお語りになりました。 Ⅱ.厚かましい願い さ[…続きを読む]

子どもの成長のためにできること―待つこと - 2019.11.10

松本雅弘牧師 ルカによる福音書13章6節―9節 2019年11月10日 Ⅰ.ぶどう畑の中のいちじくの木 今日は、成長感謝礼拝です。先ほどお読みしました聖書個所から、御言葉に耳を傾けていきたいと思います。これは主イエスがお語りくださったたとえ話です。 神さまは私たちを、また子どもたちをどのように見ておられるのか、という大切な視点を教えられます。ここに「ある人」が登場します。ぶどう園の主人でしょう。彼は、ぶどう園の中に1本のいちじくの木を植え、実を探しに来まし[…続きを読む]

神の愛を実感する交わりづくり - 2019.11.03

松本雅弘牧師 ヨハネの手紙一 1章1節―4節、4章19節 2019年11月3日 Ⅰ.主題聖句と主題 本日、来年度の活動方針の総論部分を配布しました。来年の主題聖句は、ヨハネの手紙第1の4章19節、「わたしたちが愛するのは、神がまずわたしたちを愛してくださったからです。」という御言葉です。そして、主題は、「神の愛を実感する交わりづくり」としました。 Ⅱ.ほんとうに知るとは知っていることによって人間が変わること 聖書は、私たち教会、そして教会を形成する私たち一[…続きを読む]