カテゴリー
主日共同の礼拝説教

主の御手の中にある明日

松本雅弘牧師
詩編127編1-2節
ヤコブの手紙4章13節-17節
2021年5月16日

Ⅰ. 召天者記念礼拝の意味

6年ほど前、フランシスコ教皇がギリシャの島を訪れ、「一人ひとりに尊い物語がある」と語り、そこに居たシリアの難民12人をバチカンに連れ帰るということが、ニュースとなり、話題になりました。「一人ひとりに尊い物語がある」。私の手元に召天者名簿がありますが、ここにお名前のある方たち、お一人ひとりに、その人だけの名前があるように、主イエスと共に歩まれた、それぞれの歩み、尊い物語があることを改めて知らされるのです。

毎年、高座教会では、キリストの復活を覚える復活節の間に召天者記念礼拝をささげ、召された方々のことを偲び、生と死ということを聖書から受け取り直す機会を持つとともに、ご遺族をはじめ、私たち一人ひとりが復活の主イエスによってもたらされた、生ける希望を受け取り直す、大切な時を過ごさせていただいています。天に召された兄弟姉妹も、そして地上に生きる私たちも、復活の主キリストにあって一つとされています。召された方々は「過去の人」ではありません。今も共にキリストにあって礼拝する人、これからキリストにあって再会する人であります。そのようなことを心に留めながら、この礼拝の時を過させていただきたいと願います。

Ⅱ. 中断される人生

召天者の名簿には、私の母、松本節子の名前もありました。母は2006年の11月1日、天に召されました。ちょうど前年の2月に義理の父が召天し、その葬儀礼拝に出席するために、母は、父と一緒に、九州の福岡から出て来ました。当時、父はパーキンソン病を患っていましたので、飛行機で羽田までやって来て、その後、電車を乗り換えて南林間に来る予定でしたが、誤って乗り越してしまったなどで、羽田から南林間に来るまで何と3時間もかかってしまいました。その時、私は、母よりも久しぶりに再会した父親の姿を見て、だいぶ病気が進行している現実にショックを受けたことを覚えています。
義理の父親の葬儀が終わり、両親は再び福岡に帰って行きましたが、その翌月、母の顔に突然、黄疸が現れたのです。検査の結果、膵臓癌であることが判明しました。弟からの連絡があり福岡にかけつけ、主治医から母の病状について説明をいただきました。その時、余命3か月ということが告げられ、目の前が真っ暗になりました。当初、母には余命のことは伏せていましたが、前々から「癌になったら、必ず知らせて欲しい」と申しておりましたので、主治医にお願いして、母の病状を直接本人に説明していただくことをお願いしました。私は、医師から告知された時の母の横顔、落胆した、というか、希望を失い肩を落とした母の姿を今でも忘れることができません。「何故ですか…。悪いこともしていないのに、何故ですか、先生!」、とっさに母の口から出てきた、その言葉が忘れられません。7ヶ月後、神さまは、「もう十分頑張ったね」と母を御許に召してくださったのだと思います。71歳でした。

私が牧師になると言い出した時に、父と二人で猛反対しました。大変心配していました。「牧師さんて、どうやって生活していけるのでしょう?」。しかし徳子と結婚し神学校に入学し、卒業する前の年に長女が誕生し、母も父も孫に会うために高座教会の礼拝に通い始めたのです。当時はまだ、東京に住んでおりましたので…。そして2000年に、孫の信仰告白の日に、両親は夫婦揃って受洗させていただきました。
その後、続けてきたお店を閉じ弟家族のいる福岡に引っ越しました。その頃の両親は、これから夫婦で旅行などしながらゆっくりと過ごそう、という思いもあったようです。母が膵臓がんになったのは、そのような矢先の出来事でした。よく葬儀の時にお話するのですが、カール・バルトという牧師が、このような私たちではどうにもできない人生を称して、「中断される人生」と表現したことです。

私たちが、現に今、何歳であったとしても、特別な事情のない限り、私たち一人ひとりには、まだまだ「やりたいこと」がありますし、「やらなければならないこと」もあるでしょう。よく「優先順位をつけて」なんて、自分に言い聞かせながら、「“やりたいこと”だけでなく、“やらなければならないこと”」を優先できるように、自己訓練をしながら生きているのが現実の私たちだと思います。そうした私たちに対して、先ほどお読みしましたヤコブは、今、「どうしてもこれだけは」というところで、私たちの仕事が、家族との生活、素晴らしい計画、意味ある様々な働きが中断される。しかも私の方から「中断する」のではありません。あくまでも「中断される」。そうしたことが起こる。このことが、今日、ここに集う私たち一人ひとりに必ず起きますよ、とヤコブは包み隠すことなく、率直に、この真実を告知するのです。そして、それを聞く私たちは、神さまの御前に、改めて厳かな思いにさせられるのではないでしょうか。

Ⅲ. 主の御手の中にある明日

まず始めにヤコブは、「ある人」のことを紹介します。「ある人」と言っても特別な人ではありません。私たちが常日頃、「していること」でしょう。ごくごく普通の生き方です。私たちの多くは、行き当たりばったりではなく、個人差はあるでしょうが、「明日」のために、それなりの計画や見通しを立てて生きているように思います。「今日か明日、これこれの町へ行って一年滞在し、商売をして一儲けしよう」と計画したこの人もお金が儲かる保証などありません。このたびのコロナ感染症のように予期しない出来事が起こり、状況が一変する事もあり得ます。また自身の意志や心の弱さから計画通りに進まないこともあるでしょう。

ところで、今、「計画」という言葉を使いましたが、考えてみますと、何か計画を立てる場合、そこには一つの前提があるように思うのです。それは、「明日も生きている/明日も同じような明日がある」。だから計画を立て、そのこと自体に意味があるのです。ところがヤコブは、この当然のことに関し、「あなたがたは明日のことも、自分の命がどうなるかも知らないのです。あなたがたは、つかの間現われ、やがては消えゆく霧にすぎません。」と明言します。そうした上でヤコブは、「主の御心であれば、生きて、あのことやこのことをしよう」と言うべきことを説くのです。私が自分の力でどうにかして生きるのではなく、むしろ、生かされているという現実です。明日は、神さまの御手のなかにある。しかも私たちの明日を治めておられるお方は意地の悪いお方でなく、私たちを目の瞳の様に愛し、最善を願い、恵みと憐れみ豊かないつくしみ深い神さまなのだという信仰です。この神さまの御支配を信じて、日常の喜びも悲しみも、共に神さまの御手からいただくことを許されて生きるのが私たち人の歩みだ、ということでしょう。今日、召天者記念礼拝に際し、愛する家族、友、主にある兄弟姉妹の歩みは、こうした事実を、私たちに伝え、主の御前に、厳かな思いをもって、賜物としていただいている日々を大事に生きることを、今一度、教えているように思うのです。

Ⅳ. 心を騒がせないがよい

私は、葬儀のたびごとに必ず朗読するイエスさまの言葉があります。ヨハネ福音書14章1節から3節の主イエスの御言葉です。行く先が分からずに旅立つことほど、あるいは旅立たれることほど心細いことはありません。でもイエスさまは、「あなたがたは心を騒がせる必要がありません。むしろ、私を信じなさい」と言ってくださる。いつもお話することですが、イエスさまを信じるとは、イエスさまの語る言葉を信じる、ということです。

コロナ前は礼拝の最初に頌栄を歌いました。頌栄29番「天のみ民も」はこういう歌詞です。「天のみ民も、地にあるものも、父・子・聖霊なる神をたたえよ、とこしえまでも。アーメン。」イエスさまは約束しておられる。今この時、愛する家族は、神さまの御許で安らかに時を過ごしておられます。そして、私たちも、その神さまの定めた良き日に、御許に召されていくときに、愛する家族、主にある兄弟姉妹と再会することができる。この復活の希望をもって生きることが許されています。その希望をもって、「もう泣かないでよい」と御声をかけてくださるお方に守られて歩んでいきたいと願います。今もなお、愛する方々を御許に送られたが故に、深い悲しみの中にあります方々もあることでしょう。そうした方々の上に、主の慰めと希望が豊かにありますようにと祈りをあわせたいと思います。
お祈りいたします。

カテゴリー
主日共同の礼拝説教

十字架につけられ―使徒信条⑩

松本雅弘牧師
イザヤ書53章1-6節
マタイによる福音書27章27-44節
2021年5月9日

Ⅰ. はじめに

今日ご一緒に告白する使徒信条では「主は、…ポンテオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられ、死んで葬られ、…」とあります。今日の箇所は主の十字架の場面です。

Ⅱ. 十字架を取り巻く人々の姿

この福音書を記したマタイは十字架の場面に居合わせる、様々な人々の姿を紹介しています。様々な仕方で主イエスと出会っています。ある人たちは侮辱し罵る。自分たちのドロドロした感情や怒りを無抵抗な主イエスにぶつけていく哀れな人間の姿が出てきます。
最初に登場するのが処刑を任された兵士たちです。彼らは主イエスの着ている物を剥ぎとり、「深紅の外套を着せ」ます。これは王のマントをイメージしたものでしょう。茨の冠は王冠のつもりです。右手に葦の棒を持たせたせ滑稽な姿になったところで、主イエスの前に跪き、「ユダヤ人の王、万歳」と言って戯れています。
彼ら兵士の行動を見ると本当に恐ろしくなります。今、香港では国家権力をバックにした警察官たちが、私たちからしたら市民の方が正しいと思えても、そうした一般市民を、平気で連行し、拘束している。何であんなことが出来てしまうのだろうかと思います。

先日、テレビのニュースを見ていましたら、ミャンマー軍の兵士たちが、民主化運動をしている市民を殴る蹴るの暴力をふるっていました。銃の固い柄の部分で頭を力いっぱいに突いているのです。何であんなことをしてしまうのか。自分の頭で考え、心で感じたことを大事にしたら、すぐにおかしいと分かるはずではないかと思います。たぶん常日頃、ミャンマーの兵士たちや香港の警察官たちは、「民主化運動家たちは国家を脅かす、悪い奴ら」と教育され続けているのでしょう。そしてあくまでも上官の命令によって動かなければならない。悪いことにバックには軍や国家権力があり、さらに悪いことに兵士は武器を持っています。
でも、これは他人事とは思えません。先週の月曜日の朝日新聞朝刊に「明日も喋ろう」という欄に、甲南大学のドイツ現代史が専門の田野大輔さんが、「『正義』の代行者 危うい高揚感」というタイトルの文章を寄せていました。田野さんの専門はドイツのファシズムで、学生たちにファシズムの疑似体験をする特別授業を実施したそうです。具体的には二百人以上の学生に、「ハイル、田野!」と忠誠を誓わせ、行進の練習を繰り返し、白シャツにジーパンという「制服」でキャンパスでカップル(勿論彼らもサクラ)を取り囲み、「リア充爆破せよ!(カップルは消え失せろ)」と叫んで糾弾するように命じる。それに参加したごく普通の学生でさえ、ある種の高揚感に引き込まれる魅力と危うさを知らされた、というのです。

今日の場面に登場した兵士たちもそうだったのではないか。ある種の高揚感に踊らされているのです。兵士たちの悪ふざけはさらに続きます。ゴルゴタに着くと、主イエスに胆汁を混ぜたぶどう酒を飲ませようとしています。元々このぶどう酒は鎮痛剤、十字架での痛みを和らげるために使われていたそうですが、それに胆汁を混ぜる。苦くて飲めたものではないことを知った上でそうしたのです。意地悪ですし、物凄い嫌がらせです。その後、彼らはくじを引いて主イエスの服を取り合っています。ある意味、ゲームに興じている。神の子が十字架で死んでいこうとするその瞬間まで、十字架のもとではゲームが行われていました。
さて通りすがりの人たちが登場します。「神殿を壊し、三日で建てる者、神の子なら、自分を救ってみろ。そして十字架から降りて来い」。彼らも主イエスを侮辱しています。そして祭司長や長老たちです。「他人は救ったのに、自分は救えない。イスラエルの王だ。今すぐ十字架から降りるがよい。そうすれば、信じてやろう。彼は神に頼ってきた。お望みならば、神が今、救ってくださるように。『私は神の子だ』と言っていたのだから」。最後、十字架につけられた強盗たちも、同じように主イエスを罵っているのです。
このように見て来ますと、十字架での主イエスの肉体的な苦しみ、痛みは想像を絶するものであったわけですが、それに加え、兵士、通りすがりの人々、祭司長たち、長老たち、そして死刑囚たちからも、徹底的に侮辱され、罵らせ、あざけられている。使徒信条が、「主は十字架につけられ」と告白する十字架の出来事は、主イエスの側に立って見ていく時に、肉体的にも精神的にも、とてつもなく苦しい出来事であったことを、改めて知らされるのです。

Ⅲ. 苦難の僕

ところで、イザヤ書53章は主イエス・キリストの十字架の苦しみの意味を預言した有名な「苦難の僕」と呼ばれる御言葉です。そこに「しかし、私たちは思っていた。/彼は病に冒され、神に打たれて/苦しめられたのだと」と記されている言葉こそ、十字架の場面に登場する兵士、通行人、祭司長たち、長老たち、そして十字架にかかっていた人々、みんなの思いを代弁している言葉なのではないかと思います。誰もが皆、自分とは無関係、イエスは自業自得、自らのことのゆえに苦しんでいると思っていたのです。

兵士たちは主イエスに唾を吐きかけています。「ユダヤ人の王」と侮辱しました。その他のこともそこに出て来ますが、何でこんなことが人間にできてしまうのか。私はここに、人間の罪の現実の恐ろしさ、悪の連鎖を感じるのです。ここに出てくる兵士たちは一番下っ端の兵士でしょう。彼らには上官が居て、上官の命令には全て服従しなければなりませんでした。日頃、上官には好き放題されていたかもしれません。

ところで、孫が生まれ、孫を通して改めて知らされることに、人間は学ぶ、真似るということでした。私が何かすると一生懸命真似る。そしてもう一つ、人はされたようにする。私たちは優しくされると優しくなれるものです。逆に人を怒鳴ることを覚えるのは、怒鳴られる経験を通してでしょう。ここで兵士たちはイエスに唾を吐きかけています。普通、そんなことしませんし出来ません。でもそれが出来てしまう。それはこの状況のなかでの不思議な高揚感に加え、日頃の訓練を通して、彼らはそのように教育されてきたからなのではないか。軍事教育の賜物だったのではないかと思うのです。上官が不機嫌な時、平気で怒鳴られ唾を吐きかけられる。そんな屈辱を味わっていた。また実際に見て学んだ。訳もわからず怒鳴られ、唾を吐きかけられ、平気で暴力を振るわれたことだってあったかもしれません。「傷ついている人は人を傷つける」という言葉を聞いたことがありますが、ここで主イエスを侮辱し、からかう兵士たち自身が、侮辱され、からかわれて来たからなのではないかと思うのです。

祭司長たち、長老たちの侮辱の言葉、「他人は救ったのに、自分は救えない。イスラエルの王だ」。これも彼ら自身の痛みから発せられた言葉のように、私の心には響いて来るのです。
二人の死刑囚も同様です。彼らも一緒になって主イエスを侮辱しました。死刑囚の心の内側には、〈ひょっとしたら…〉という期待感があったかもしれません。噂に聞いていたナザレのイエスですから…。しかし何も起こらない。期待外れ。期待しただけ損でした。
こう考えてきますと、彼らはみんな自分の人生に納得してなかった。怒っていました。そして、もっともっと心の奥底を探るならば、そこに癒されない傷、痛みがあったのではないでしょうか。

Ⅳ. 身代わりに負ってくださる主イエス・キリスト

実は今日の箇所にはまだ取り上げていない人物が一人います。それは「シモンという名前のキレネ人」です。たまたまそこを通りかかっただけなのに、シモンからしたらいい迷惑です。主イエスに代わり十字架を背負って歩かされた。しかも主イエスと共に様々な言葉の暴力を浴びながらです。私たちも日々、担いきれないような重たい荷物をしょって生きているかもしれません。でもマタイは、ゴルゴタの丘に着く時、シモンの肩から十字架が降ろされていくのを伝えています。「彼が受けた懲らしめによって/私たちに平安が与えられ/彼が受けた打ち傷によって私たちは癒された。」このイザヤ書の御言葉、その成就としての主イエス・キリストの十字架を仰ぐ時、私たちが負う重荷と辱めも、やがて主イエスが、私たちに代わって、負ってくださる時が来る。それは主イエスが私たちの病や痛みを一切合切、背負ってくださったから。それによって私たちに平安が与えられ、その十字架によって癒される。正に、主イエス・キリストの十字架は、私たちのためだったのです。お祈りいたします。

カテゴリー
主日共同の礼拝説教

ペトロとユダ

松本雅弘牧師
イザヤ書5章7-17節
マタイによる福音書26章69-75節,27章3-10節
2021年5月2日

Ⅰ. ペトロとユダ

今日の箇所に登場するペトロとユダは共に主イエスを裏切ってしまう。ところがその結末が対照的なのです。ペトロは立ち直り、初代教会のリーダーとして、最後にはローマ教会の最初の監督として群れを牧会し、殉教の死を遂げていきました。しかし一方、ユダの方は後悔した末、自らの命を絶つのです。共通点の多い二人だけに、彼らの対照的な結末は、私たちの心に物凄いインパクトを与え続けているかと思います。

Ⅱ. つまずき

ところで、私たちが何かに躓く時、大きな石に躓くよりも、後になって「魔が差した」などと言ったりしますが、思いがけないような仕方において、小さなことと思えるものに躓くことが多いように思います。ペトロの場合もそうだったのではないでしょうか。
「たとえ、皆があなたにつまずいても、私は決してつまずきません」と威勢よく言い放った時、ペトロの心に思い描かれていた場面は何か物凄くドラマチックなものだったのではないでしょうか。剣を抜き合って戦い合うような場面、あるいはユダヤ最高法院のような舞台で、胸を張りながら主を告白し、見事に殉教していくような場面だったかもしれない。
ところが皮肉なことに、そんなペトロが、「あなたはナザレのイエスの弟子だったですよね?!」と、実際、主イエスの弟子としての証しを求められた場面は、決して劇的でも、まして人々の注目を集める華々しい大舞台でもありません。その舞台は大祭司の中庭で、しかも証しを求めたのは召し使いの女性たち、ごく普通の人たちでした。ペトロは三度主を否定してしまいます。

聖書において「三度」というのは「完全に」と言う意味があります。だとすれば、ペトロが三度、主を「知らない」ということはイコール、主イエスとの関係を完全否定したことになる。そして75節、「ペトロは、『鶏が鳴く前に、あなたは三度、私を知らないと言うだろ』と言われたイエスの言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた」と書かれています。同じ出来事をルカ福音書は、「主は振り向いてペトロを見つめられた。ペトロは、『今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度、私を知らないと言うだろう』と言われた主の言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。」と伝えていました。
この時、振り向いてペトロを見つめられた。一体、どんな眼差しだったのでしょうか。福音書によれば、主イエスの眼差しに触れたペトロは外に出て、激しく泣いたのでした。

さて、最高法院で主イエスの死刑が確定し、ペトロが三回主を否んだその同じ時刻に、イエスを売ったユダも深い後悔の念にさいなまれていた。ユダの手には銀貨30枚が握られていました。ユダはその金を返しに祭司長たちの集まるところに行ったのです。そして、「私は罪のない人の血を売り渡し、罪を犯しました」と告白し金を返そうとしますが、「我々の知ったことではない。お前の問題だ」と取り合ってもらえなかったのです。その後の結末は、5節に出て来ます。

Ⅲ. ペトロとユダのちがいはどこに?

ところで私たちは礼拝でマタイ福音書を読み進めてきました。主イエスがお語りになった神の国の福音は、無条件の愛、無条件の赦しです。そうした神の赦しの愛を思う時、いつも心に浮かぶ主イエスの教えが、「一万タラントンの借金を帳消しにされた家来の話」です。一万タラントンとは、六千デナリオンの一万倍です。一デナリオンは労働者一日分の賃金です。そうした額の借金を主人から免除されていたにもかかわらず、たった百デナリオン、労働者百日分の賃金に当たる借金をしていた仲間の家来を赦すことが出来なかった譬え話です。
「七回を七十倍赦しなさい」、言い換えれば、「何べんでも赦してやりなさい」と言われたら、普通でしたら、「それは甘い!そんなことしたら神の義が立たない!その人をスポイルするだけ、その人をダメにしてしまう!」と考えるでしょう。しかしそうした私たちに向かって、「実はあなたこそ、何兆円という巨額の借金を帳消しにされている存在なのです。そのように赦されていながら、どうして仲間を赦せないのですか。徹底的に無条件に赦されているのは、実はあなた自身ではありませんか。それなのに、“無条件に赦したら、その人はダメになる”と、まるで他人事のように言うのですか」、そう言われるのです。

ペトロとユダのちがいってどこにあるのでしょうか。最後の晩餐の席にユダも居て、主イエスは彼の足を洗われました。そう考えると、ユダの存在は最後の最後まで掛け替えのない十二弟子の一人だったのです。後に、その時、同じように足を洗っていただいたヨハネは、晩年になって、こう語っています。当然、ペトロの躓き、ユダの結末もすべてを知った上で、語るのです。「私の子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。たとえ罪を犯しても、私たちには御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。この方こそ、私たちの罪、いや、私たちの罪ばかりでなく、全世界の罪のための宥めの献げ物です。」(Ⅰヨハネ2:1-2)。

ヨハネは、主イエスの十字架は、「私たちの罪、いや、私たちの罪ばかりでなく、全世界の罪のための宥めの献げ物」と明言する。ここで「全世界」と言った時に、その大きな愛の中から漏れる人って、いったい誰なのかと思います。主イエスが十字架にかけられている時、「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」と祈られました。つい数時間前にはユダの裏切りがあり、ペトロのつまずきがあった。そうした一切合切を含めて、「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」と祈ってくださったのではないでしょうか。

Ⅳ. キリストの真実によって

先日、「道の駅」で、「今、なぜ聖書協会共同訳なの?」というお話をしました。そこでは取り上げませんでしたが、準備をする中、大きな変更があることを知らされました。それは人が義とされる要件を語るガラテヤ2章16節です。
聖書における「義とされる」とは「神と良い関係を持つ者とされる」という意味で、新共同訳も含め従来、「キリストへの信仰により義とされる」と訳すところを、聖書協会共同訳では「義とされるのは…キリストの真実による」としています。
説教の準備しながら、ペトロとユダのことを考え、さらに自分自身のことを考えた時に、義とされるのは、私たちの側のキリストへの信仰の強さや真実さによるのではなく、キリスト・イエスの真実さにかかっている。そちらの方がどれだけ確かなのか、そしてそのことを約束する、新しい訳のこの聖句が心に浮かんだのです。

私たちの側で、神さまの愛を引き出すような、純粋な信仰などないような者であるにもかかわらず、だからこそ藁をも掴むような思いで、何よりも確かな主イエス・キリストの真実にどこまでも頼らざるを得ないのだと思うのです。信仰が強いから弱いからではなく、芥種一粒の信仰でも、主イエスに心を向けて助けを乞うならば、主は真実で確かなお方だから、私たちを救って下さる。もうそれしかないのではないか。だからこそ恵みであり、福音なのではないでしょうか。
確かに私たちは、罪や過ちを犯すならば、現実には蒔いた種の刈り取りを求められ、場合によっては生涯、やってしまったことの償いを迫られることでしょう。しかしそのような場合でも、主イエスご自身が人生の同伴者として蒔いた種の実を一緒になって拾ってくださる。そのように究極的に主の赦しの愛の中におかれている。

晩年のペトロは、祈る度に涙を流していたと言われています。それは心から愛している主イエスを裏切ってしまった自らの罪を悔やむ涙であり、同時にそうであるにもかかわらず、真実を貫き十字架で罪を贖ってくださった主に対する感謝の涙だったと言われています。その無条件の愛、赦しの中に、私たちも生かされている。だからこそ、生命をかけて赦しを与えてくださった方が悲しまれるようなことはしない、むしろこの驚くばかりの恵みに与った者として、もっと積極的にそのお方が喜ぶ生き方を、既に赦し愛された者としての道を選び取って生きていくことができるのではないでしょうか。お祈りします。