カテゴリー
新年礼拝

主にあって一つとなる

松本雅弘牧師

ヨハネによる福音書17章23節
フィレモンへの手紙
2022年1月1日

Ⅰ.はじめに

新年あけましておめでとうございます。
私たち教会活動テーマは「主にあって一つとなる」、主題聖句は、ヨハネ福音書17章23節の御言葉、「私が彼らの内におり、あなたが私の内におられるのは、彼らが完全に一つになるためです。こうして、あなたが私をお遣わしになったこと、また、私を愛されたように、彼らをも愛されたことを、世が知るようになります。」を掲げることになりました。
聖書の神さまは、父・子、聖霊なる三位一体の神さまです。すでにご自身の中で愛の交わりを味わっておられる。言わば「交わりの神さま」です。その交わりの神さまに造られた私たちには、すでに交わりのDNAが魂に刻まれている。ですから、私たちは、主にある交わりに与る時、初めて人間らしく生きることができる。元々、そのように造られているからです。その交わりとは、神との縦の交わり、そしてもう1つ、お互い同士の横との交わりです。そして主イエスは、その交わりにおいて、「一つとなる」ことを祈っておられます。

Ⅱ.フィレモンへの手紙の背景

今日は、今年の主題聖句を考える上で、パウロが書いたフィレモンへの手紙を読ませていただきました。この手紙が書かれた時代、社会は奴隷という身分がありました。オネシモはその奴隷でしたが、主人の物を盗んでローマに逃げてしまった。大都会ローマの雑踏に紛れ込めば「安全」と思ったのでしょう。そうこうするうちに彼は獄中のパウロに出会い、パウロとの交流を通して福音を聞き回心しクリスチャンとなりました。
実は、オネシモによれば、彼の主人はフィレモンで、パウロの宣教の協力者でした。この時、フィレモンは幽閉生活を強いられていたパウロの世話をしていたわけですが、機会を見てオネシモをフィレモンのところに送り返そうと思い、書いた手紙が「フィレモンへの手紙」でした。
このパウロの切々たる文章を読みますと、他の手紙を書いている時よりも牧会者パウロの心を伝え、イエスさまに似た者に変えられ続けていた彼の姿を見せてくれます。具体的な日々の生活の中で、具体的に人を生かそうとしているパウロと、そうした導きに応えていった人々。それが今年、私たちに与えられている「主にあって一つとなる」という、「主にある、私たち相互の交わり」の姿、それこそが「一つとなる」ことの姿なのではないかと思うのです。

Ⅲ.「主にあって一つである」ことの意味

ところで、この時代、教会の多くは、「家の教会」と呼ばれていました。大きな礼拝堂があったわけではありません。むしろ、家ごとのクリスチャン同士の交わり単位で礼拝が捧げられ、交わりがなされていました。そしてしばしば、「家の教会」単位でクリスチャンになった奴隷たちの身分を買い取り、彼らを自由の身にしていったそうです。
例えば、パウロが、コリントの信徒へあてた手紙6章20節に、「あなた方は、代価を払って買い取られたのです」と書いていますが、考えてみれば私たち一人ひとりは、元々罪の奴隷であったにもかかわらず、キリストの命という代価で、その隷属/奴隷状態から解放された者たちです。そうした神の恵みを知った者たちが、その恵みに対する具体的な応答として、教会のメンバーとなったが、今もなお社会的身分としては奴隷であった人々のために、実際にお金を支払い、彼らを買い戻す働きをしたのです。このように、当時の、ローマ社会にあって、神の国の価値観にそった新しい生き方をすること、それがクリスチャンの交わりであり、それがキリストの教会だったのです。
こうしたことを踏まえて、もう一度、1節と2節を見ていただきたいのですが、ここでまずパウロは、家族の1人ひとりに呼びかけています。神さまの御前にあって家族は平等な地平に立つ者であることが打ち出されています。
これは今の私たちにとっては当たり前のことかもしれません。でも、2千年前の当時のローマ社会の、いわゆる「家父長制社会」では当たり前ではありませんでした。いや、少し前の日本でもそうですね。
この手紙の最初の2節でパウロは、当時の習慣からすれば、決して当たり前でない仕方、すなわち、家族の1人ひとりを、神さまの御前にあって同じく尊い人間として、神さまの形に造られた者として呼びかけていることが分かります。当時、この手紙を読んだ人にとっては、とても新鮮だったと思うのです。物の本によれば、こうした「家の教会」を積極的にリードしていたのは女主人であった、と言われます。食事を供するのは女性の仕事でしたので、何かそのことも、自然な事として受け入れられるように思います。
しかも、ここでは食事作りだけではなくて、イエスさまとの出来事を話し合い、今日、私たちも共にお祝いしますが、「主の晩餐、聖餐」にあずかることも行われていたと記録にあるわけですから、パウロがガラテヤの信徒への手紙の中で書いた「ここではもはや、ユダヤ人もギリシャ人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです」が、文字通り実践されていたと思われます。このように、「家の教会」の女性たちは生き生きしていました。使徒言行録やルカ福音書、ローマの信徒への手紙に登場する裕福な女性たちと共に、「家の教会」の女性たちは、初期宣教活動の着実な担い手でした。

ある時イエスさまは、ご自分を探しにやってきた母親のマリアさんや兄弟姉妹、そしてそこに居合わせた人々に対して、「家族とは誰か。神の御心を行う者が兄弟であり、姉妹であり、また母である」と言われました。そのイエスさまの言葉の中には、「父・お父さん」という言葉が入っていないのです。何故でしょう。それは、「天にいます方」だけを「父」とするからだ、と言われています。つまり、初代教会の「主にある交わり」の様子を伝える、様々な記録や資料を読みますと、このイエスさまの御言葉が、「男性を中心とするローマ社会」の中で、まさに現実として機能していたことが分かるのです。
私たちは、御言葉に促され、人生における「出エジプト」、すなわち、罪の奴隷状態や、あるいは、洗礼を受ける前の古い生き方の奴隷状態から解放されました。そのために、神が用意してくださった神の小羊、イエス・キリストが十字架に掛かって肉を裂き、血を流してくださったのです。そのようにして、私たちを縛る「古い物語」から自由にされ、本当の意味で、礼拝のために、また神さまと人々と交わりを喜び、楽しめる者へと解放されました。そして、そのことを常に確認する場が、この時代の人々にとっての「主にある交わり」だったのです。

Ⅳ.多様性と主にある一致

ここでパウロは、悪い事をした人をどうか赦してやってくださいと言っているわけですが、その事を口でお願いするだけではない。自分を代わりに罰して、その人を赦してやってくださいという。ちょうど、私たちが毎週、礼拝の中で祈る「主の祈り」の一節のようです。このパウロが深く愛し、心から従っていたお方が主イエスさまでした。よく考えて見ますと、このイエスさまこそ、実はパウロが犯した罪を、父なる神さまに赦していただくために、自ら罪の償いとなって十字架にかかってくださった。パウロは、このことがよく分かっていたわけです。
私たちが大切にしている、「主にある交わり」って何でしょうか。このイエス・キリストの罪の赦しの恵みを常に確認し合う場です。イエスさまが命をかけて、「どうか彼らをお赦しください」とお願い、私たちの身代わりとして十字架の上で命を捧げてくださったお蔭で、私たちは赦されたからです。
フィレモンの家のように奴隷が居るなら、その人が自由な身になれるように。ハンディーを持つ人が居るなら、その人があたかもハンディーがないかのように。外国の人がいるなら、「寄留者」ではないかのように。そして小さな子どもがいるなら、みんなの神さまの子どもなのですから…。そして社会的な問題と真剣に取り組む人がいるならば、それを共有することができるように。そうした振る舞いが、そうした生き方が自然な形で現実に起こる場が主にある交わりであり、教会なのです。
このような交わりを実体験するために、主は具体的な、顔の見える兄弟姉妹を私たちの周囲に置いてくださっている。そして一人ひとりは、興味や関心、また賜物も背景もことなりますが、むしろそうした違いが対立の原因となるのではなく、そうした私たち一人ひとりを包む、キリストの体なる教会の豊かさにつながっている。
今年もコロナのことがいつも頭の片隅にありながらの生活になりますが、しかし、今日の御言葉にあるような意味で「主にあって一つ」であることを経験し、その交わりが、私たちの周囲の方たちにとっての良い証しとなりますように。そのような高座教会、また私たちであることを祈り求めてまいりたいと願います。お祈りします。

カテゴリー
主日共同の礼拝説教 新年礼拝

愛という装いを身にまとって生きる年

2017年1月1日
松本雅弘牧師
申命記7章6~13節
コロサイの信徒への手紙3章12~17節

Ⅰ.愛という装いを身にまとって生きる年にしたい

今年の主題聖句として、コロサイの信徒への手紙3章16節が与えられました。神さまは素晴らしい御言葉を私たちに備えてくださったと思います。
この御言葉を読む時、まず第1に「キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい」という勧めが目に飛び込んできます。今年は、信仰生活の5つの基本④「主にある交わりに生きる」をテーマとして過ごしていきます。私たちの「主にある交わり」とは、キリストの言葉、すなわち聖書の言葉を豊かに宿す交わりです。そのような豊かな交わりを祈り求めていくように、という教えの言葉です。
私たちを成長させるための手段として、神さまは何故「主にある交わり」をお用いになるのでしょうか。それは、箴言27章17節に「鉄は鉄をもって研磨する。人はその友によって研磨される」とありますように、御言葉なるイエスさまが、私たちを訓練なさる方法、それが「主にある交わり」によるからです。

Ⅱ.三位一体の神さまの素晴らしさを表わす統一性と多様性

一昨年4月から「ファミリーチャペル」を始めました。これは、こども園や教会学校の保護者の方たちにイエスさまのことをぜひご紹介したいと考えて始めたのです。ここでは特別賛美に加え、「ゴスペルソング」と呼ばれる『讃美歌21』以外の賛美も、礼拝に導入しました。戸惑いを覚える方もおられたかと思います。
そのような中で、昨年夏過ぎに「2017年の主題聖句」として、このコロサイの御言葉が示されました。その時、「ファミリーチャペル」を始めたことで、高座教会の私たちが、今、体験していることが、私たちだけの経験ではなく、実は、初代教会でもすでに取り組んでいた課題であることを知らされたのです。16節では「詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して心から神をほめたたえなさい」と言われています。ここに「詩編」「賛歌」「霊的な歌」とあるように、初代教会では、少なくとも3つのジャンルの賛美歌が用いられていたのです。その結果、賛美のこと、そして当然、礼拝スタイルも含むさまざまな葛藤が教会の内部に生じていたのでしょう。
その実情を踏まえてパウロが示した問題解決の方法は、多様性を否定してひとつにまとめていくのではなく、むしろ多様性を受け入れる寛容さを身に着けた教会として成長していくという方向性でした。
「詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して心から神をほめたたえなさい」という多様性と共に、それに対して、パウロは15節で「一つの体とされたのです」とキリストにある一致を説いています。
私たちはキリストにあって1つなのです。そして同時に、キリストの体にはそれぞれの部分があるように、神さまに対する応答の仕方、賛美の仕方も、すでにコロサイの教会において多様性が認められていたということでしょう。
私たちの神さまは三位一体の神であり、父・御子・聖霊という三つのご人格を持ち、なおかつ唯一の神であることから、その「三」という数字が示す多様性、「一」が示す統一性という両方のご性質を帯びた神がお造りになった世界、そこには統一性と共に多様性がちりばめられた世界でもあるということです。まさに教会も、その中に含まれるわけです。

Ⅲ.愛という装いを身にまとうこと

その多様性を認め合うために必要なこと、それが「すべてを完成させるきずなとしての愛」だとパウロは説いていきます。
教会は成長するにつれ、当然そこには男女のちがいがあり、また、ちがった背景から救い出された者が集うということがあり、世代間のちがいもあるでしょう。
そうした異なる私たちが一つとなって神さまを礼拝する時に、当然、ちがいが対立の原因になりやすいのです。ですから、神さまがそれぞれのクリスチャンをそのあるがままの姿で受け入れてくださったように、私たちも愛をもって互いに受け入れ合うようにと、パウロは勧めるのです。そしてその時、具体的に必要となる愛の形が「寛容さ」という愛です。
この説教の準備をしている時に、「キリスト者学生会のニュースレター」に目が留まりました。そこに「若者を教会へ」というタイトルの青山学院大学の藤原淳賀先生の巻頭言が掲載されていました。興味深く、また考えさせられる点が多くありましたのでご紹介します。
〈「若者を教会に」というテーマをもらった。「若者が神のもとに来るようにするにはどうすればよいだろうか」と問うているなら、それは誤った問いである。なぜか? 若者は神のもとに来たいからである。イエスさまのもとには大勢の人々が押し寄せていた。イエスさまのことが好きだった。イエスさまの愛を、受容を、清さを、力を見、惹かれていた。若者に限らず人々はイエスさまのもとに来たい。人々は真理を求め、善を求め、美を求め、清さを求めている。人々は光を求め、そして愛を求めている。それは神のご性質である。神によって造られた人々は、まちがいなく神を求めている。青年は神を求めており、神のもとに来たいと思っている。しかし、教会に青年がいない。なぜか? 教会がキリストの体となっていないからである。教会が教会となっていないからである。教会が分離主義者のパリサイ人の集まりのようになっており、「変な変わった人」の集団になっているからである。教会が現実主義者のサドカイ人の集まりのようになっており、聖書は持っていても他の世の団体と変わらない「もう1つの集まり」になっているからである。正しい問いは、『「人々が、また青年が、教会に来ることを押し留めているものは何か?」である。
文化とは有限なものであり、時代と共に変わるものである。文化は自然的なものの上に、人間の手が加わり生み出される。長い時間の中でその特定の地域、時代性を反映している。文化とは常に相対的なものであり有限なものである。ある特定の文化を聖なるものとして絶対化することはできない。相対的なものの絶対化は、即ち偶像礼拝である。教会文化が、人々をイエスさまから遠ざけることがある。ある特定の楽器を使い、ある特定の形式を行うことが由緒正しく正真正銘の礼拝であると考える事は誤りである。特定の賛美歌集のみを神聖視する事。特定の服装を聖なるものと考える事。特定の屋根の形をした礼拝堂を本物であると考える事。これらも誤りである。何をもって、それらを正統で特別に聖なるものと考えるのか? それらは多くの場合、イエスさまの時代になかったものではないだろうか。それはあなたの「好み」であり、あなたの都合である。礼拝とは、神に捧げるものであり、神が何を求めておられるかを第一に考えなければならない。礼拝は、あなたの好みで、あなたの満足のために行うものではない。賛美には、パイプオルガンを使ってもいいし、アカペラでもいい。ギターを使ってもいいし、竪琴でもいい。大切なことは、その状況で神を最も崇めるために、相対的である文化のどの音楽を用いるかを考えることである。(中略)
今までのキリスト者や教会の努力があり、また海外のキリスト教の遺産ゆえにキリスト教に対するよいイメージがある。人々は、機会があれば教会に行ってみたいと思っている。しかし、教会に来た時に、教会に愛がなく、受容の雰囲気がなければ、人々は二度と教会に来ない。教会はキリストの体であり、神の性質を反映していなければならない。イエスさまはどんな理由があっても、人々がご自分のところに来た時に、彼らを受け入れられた。
病の癒し、食べ物、優しさ、赦し。どんな理由であっても、ご自分のところに来た人を受け入れ、その必要を満たし、彼らを父なる神の方へと導いて行かれた。そのように生きる教会には神は青年を送られるのである。〉
私は、創立70周年を迎える高座教会の現状と重ね合わせながら読ませていただきました。そして、次のような問いが与えられました。
教会内で少数派である若者たちをどのように受けとめていくか。いや、若者たちが生き生きと信仰生活を送るために、上の世代である私たちに今できることは何なのか。こうした問いかけは、今の高座教会にとって、大変重要な課題のように思わされたのです。

Ⅳ.愛という装いを身にまとって生きるための秘訣―神の愛に包まれる経験

最後にもう一度、コロサイ書の御言葉に戻ります。
ここでパウロが語っていることをひと言で表わすならば、「愛という装いを身にまといなさい」ということです。
私たちクリスチャンにとって「愛の人になる」ということ、これはエクササイズのテーマでもある「キリストに似た者となること」であり、私たち一人ひとりが祈り求めていくべき大事な目標なのだと改めて知らされます。
私たちはすでにキリストの十字架と復活の恵みによって、「神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されている者」です。ですから、すでにそうされた者としてキリストから離れずに歩むように、それが「信仰生活の秘訣だ」とパウロは教えています。
「主にある交わり」の中で訓練を受けた弟子ヨハネも「わたしたちが愛するのは、神がまずわたしたちを愛してくださったからです」(ヨハネの手紙一4:19)と言って、「ぶどうの木であるキリストの愛の内に留まる」ことで、愛の人になりなさい、と勧めたのです。
新しい年、「主にある交わり」の中で成長し、愛という装いを身にまとって生きる年となりますように。お祈りいたします。