あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

ほんとうに求めていた生き方 - 2019.10.13

松本雅弘牧師 マタイによる福音書6章19~24節 2019年10月13日 Ⅰ.人生を動かすこころの物語 『きっと、うまくいく』を観ました。インド屈指の難解工科大学に通う学生たちの生活を描いた作品です。入学式で学長がカッコー鳥のはく製を、巣の上に乗せて、新入生たちの前に立って演説するシーンが出て来ます。 「諸君、この鳥は何か分かるかね? カッコーだ。カッコーは巣を決して巣を作らない。他の鳥の巣に卵を忍ばせるんだ。ヒナが生まれる時に、彼らが始めてやることが分か[…続きを読む]

大切な問題を後回しにしていませんか? - 2019.10.06

松本雅弘牧師 マタイによる福音書25章1~13節 2019年10月6日 Ⅰ.「天の国」とは? 「天国」という言葉を見たり聞いたりすると何を思い浮かべるでしょうか。「死んだ後、行くところ」とか「空の遥かむこうの世界」ということを想像することが多いように思います。 それに対して、聖書が教える「天の国」、別の言い方をすると「神の国」は、天地万物をお造りになった神が王として支配されている領域、世界を意味しています。 神さまの愛の御心、その愛の御心は聖書の中に示され[…続きを読む]

しっかりとした土台のある人生 - 2018.10.28

2018年10月28日 秋の歓迎礼拝 和田一郎副牧師 マルコによる福音書9章14~27節 1、信仰のない時代 今日は歓迎礼拝ですが、はじめて教会に来た方に、「信仰には力があるのだ」ということを知って頂きたいと思いました。信仰というのは、何か神聖なものを信じることを言います。つまり、自力本願か他力本願かといえば、他の力を頼って生きる他力本願に力があるのだという話しになります。日本の中では他力本願という言葉は、ネガティブな意味で使われると思います。「他人に迷惑[…続きを読む]

信頼から生み出される愛の恵み - 2018.10.21

2018年10月21日 秋の歓迎礼拝 宮城献伝道師 ルカ19章1~10節 Ⅰ.ザアカイの物語について 今回の説教で与えられました新約聖書のみ言葉は、ザアカイの物語です。教会で、とても良く聞く聖書のお話の一つです。高座教会の教会学校でも、何度もなんども、語られてきました。その分だけ、教会が、そしてイエス様を信じる私たちが、とても大切にしている聖書の物語です。 イエス様と出会い、変えられていったザアカイを通して、子どもの時であろうと大人になったとしても、いつで[…続きを読む]

神さまがおられるから、大丈夫ですよ - 2018.10.14

2018年10月14日 秋の歓迎礼拝 松本雅弘牧師 マタイによる福音書6章25~34節 Ⅰ.はじめに   今日から秋の歓迎礼拝が始まりました。今日初めて教会の礼拝に出席された方々もいらっしゃることでしょう。ほんとうにようこそお越しくださいました。心から歓迎いたします。 今日、お読みした「聖書」ですが、これはたいへん不思議な書物なのですね。 歴史上、最も迫害を受けた書物ですが、消滅せずに生き延びています。そして、今日に至るまで、多くの人に親しまれて[…続きを読む]