あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

使徒言行録2章の教会と私たち - 2019.06.09

松本雅弘牧師 2019年6月9日 ペンテコステ礼拝 エゼキエル書37章1~10節 使徒言行録2章42~47節 Ⅰ.ペンテコステの恵みにあずかるために ペンテコステ、おめでとうございます。2千年前のこの日にキリストを信じる弟子たちに聖霊が降り、私たち教会が神殿となった出来事がペンテコステの出来事です。主のご臨在なさる場がエルサレムの誇る神殿ではなく、キリストを主と信じる教会という共同体、教会に繋がる私たち一人ひとりが、主が共におられる神殿となったのです。 Ⅱ[…続きを読む]

イエスはここにおられる - 2019.06.02

松本雅弘牧師 2019年6月2日 詩編94編1~19節、 マタイによる福音書18章15~20節 Ⅰ.主イエスはほんとうに生きておられる? 高校2年生の11月、生まれて初めて礼拝というものに参加した時のこと、同世代の高校生がギターを弾きながら、「豊かな人生の条件」というゴスペルを賛美したのです。その歌詞に私の心が捕えられたことを今でも鮮明に思い出します。 そして、翌日の月曜日の朝、学校に向かって歩きながら、一緒にいたクラスメートに「イエスが、枕もとに現れたら[…続きを読む]

牧会マインド - 2019.05.26

和田一郎副牧師 2019年5月26日 出エジプト記3章11-12節/コロサイ4章15-17節 1、3つの町の教会 この手紙が送られたコロサイという町は、現在のトルコ共和国の南西部にあります。そこにはリュコス川という川が流れていて、その流域にヒエラポリスと、ラオディキア、コロサイという町が三角地帯のようになって点在していました。そこにあった教会というのは、いずれも自分の家を開放して、礼拝をしている教会であったようです。コロサイ教会も立派な建物があるわけではな[…続きを読む]

命の道を歩む - 2019.05.19

松本雅弘牧師 2019年5月19日 詩編16編8~11節、コロサイ3章1~3節 Ⅰ.永遠の命とは何かと問われたら 毎年、高座教会ではイースターからペンテコステの間、すなわちキリストの復活を覚える復活節の間に「召天者記念礼拝」をささげ、召された方々のことを偲び、生と死ということを聖書からご一緒に考えながら、ご遺族をはじめ、私ども一人一人が神からまことの希望をいただき直す時を過ごしています。先ほども、昨年の召天者記念礼拝から、今年の召天者記念礼拝までに召された[…続きを読む]

ありのままの姿で生きる-存在の喜び - 2019.05.12

  松本雅弘牧師 2019年5月12日 ヨハネによる福音書12章1~11節 Ⅰ.主イエスの眼差し 私たちは、多くの人に囲まれて生活していますから、時々、疲れを覚えることがありますね。 〈人は、私のことをどう思うだろうか〉などと考えると本当に窮屈な思いになるのではないでしょうか。そんな時に、自分自身に言い聞かせることがあります。それは、イエスさまは、私をどう見てくださるかということです。 何度か高座教会の礼拝に出席したことのある神学者の蓮見和男先生[…続きを読む]