あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

説教一覧

パンを渡された二人 - 2018.04.29

2018年4月29日 春の歓迎礼拝 和田一郎副牧師 ルカによる福音書24章13~35節 Ⅰ.復活の後で 今日の聖書の話しは、横にイエス様がいるのに「えっあなた、イエス様だったのですか?」と、気づかなかった人の話しです。それは、イエス様の十字架の出来事から3日後の日曜日の事でした。イエス様が十字架で死なれたあと、弟子達は落胆していました。3年ものあいだ、寝食を共にしていて、自分たちの国を解放してくれると期待していたイエス・キリストは十字架に架けられて死んでし[…続きを読む]

キリストの後ろ姿 - 2018.04.22

2018年4月22日 春の歓迎礼拝 和田一郎副牧師 ルカによる福音書23章13~27節 Ⅰ.イエスに出会った二人の人 今日の聖書箇所は2千年前のユダヤの国が舞台です。そこではイエス・キリストという救世主が、人々の心や体の病気を癒し、神様とはどんなお方なのかを人々に教えながら、町から町へと旅をしていました。イエス・キリストを救世主と先ほど言いましたが、旧約聖書には数千年に渡って「ある一人の救世主が現れます」との預言が書かれています。その救世主であるイエスキリ[…続きを読む]

あの時以来 - 2018.04.15

2018年4月15日 春の歓迎礼拝 松本雅弘牧師 マタイによる福音書8章1~4節 Ⅰ.「あの時以来」 イエスさまというお方は、私たちが人としての自分を取り戻すために語りかけ、出会ってくださるお方ですね。今日もそうしたイエスさまとの出会いを経験した人が登場します。 Ⅱ.映画『あん』(河瀬直美監督)を観て 山上の説教を終えられた主イエスが山を下りると、重い皮膚病を患った人が近寄ってきました。 重い皮膚病とは、今で言うところのハンセン病とされてきました。ハンセン[…続きを読む]

根っこが育つということ - 2018.04.08

2018年4月8日 松本雅弘牧師 マルコによる福音書7章31~35節 Ⅰ.「イエスは、この人だけを群衆の中から連れ出して・・」 今日の聖書個所は、聴覚と言語に障がいをもつ人をイエスさまが癒され、そしてそれを知った人々の驚きの様子が伝えられています。 ところで、この人の身体的な障がいはコミュニケーションに関わるもので、大きな重荷となっていたことだと思います。障がいのゆえに人々との交わりから断絶を感じ、疎外感を覚えて過ごしていたことでしょう。 これは人間にとっ[…続きを読む]

復活と派遣 - 2018.04.01

2018年4月1日 イースター礼拝 松本雅弘牧師 ハバクク書3章8~19節 マタイによる福音書28章1~20節 Ⅰ.イエスの死に圧倒されていた弟子たち 世界で最初の受難日、主の十字架の翌日の土曜日、またそれ以降、弟子たちは何を考え、何をしていたのでしょうか。主イエスの十字架の後、弟子たちを包む空気はこれまでと全く違っていたと思います。福音書を読んでも、はっきりとは伝えられていませんが、1つの手掛かりとして、天使が、「あの方は…、あなたがたより先にガリラヤに[…続きを読む]