あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

私たち、集い喜び分かち合う~使徒言行録2章の教会をめざして~ - 2019.12.29

使徒言行録2章 43-47節 和田一郎副牧師 2019年12月29日 1、使徒言行録2章の出来事 2章に書かれている出来事というのは、弟子達にとって、あの十字架の悲しい出来事から50日が経った日のことです。弟子達が心から慕っていたイエス様が、罪もないのに裁判にかけられ、十字架で処刑されるということは理不尽な出来事です。弟子達は無力で何もできませんでした。 2019年というこの年にも、そのような出来事がありました。たび重なる自然災害が、日本各地を被災地にして[…続きを読む]

聖なる生活 - 2019.11.24

和田一郎副牧師 出エジプト記3章1-5節、Ⅰテサロニケ4章1-8節 2019年11月24日 Ⅰ.イスラエルの民と聖であること この手紙の4章に入り、「神に喜ばれる生活」という具体的な信仰生活がテーマとなっていきます。3節に「聖なる者となるため」と、7節には「聖なる生活をさせるためです」とあるように、神に喜ばれる生活とは「聖なる生活をする」ことと重なっています。 「聖」という文字は、英語では「ホーリー」、ヘブライ語では「コデッシュ」という言葉です。モーセは、[…続きを読む]

わたしはどこで生きるのか - 2019.10.27

和田一郎副牧師 創世記3章1~9節 2019年10月27日 1、自分の立つところ 先週、香港で行われたカンバーランド長老教会のアジア教職者修養会に出席してきました。香港では政府への抗議活動が続いていて、毎週若い世代の人達を中心にデモが行われています。香港の教会の中でも抗議活動に対する意見は複雑なようでした。中国本土からの締め付けが強まっていて、信仰の自由や礼拝の自由も本土のように厳しいものになってしまうのではないか、という不安があります。香港中会の議長でも[…続きを読む]

信仰の友 - 2019.09.29

和田一郎副牧師 詩編124編1-8節  テサロニケの信徒への手紙一2章17-20節 2019年9月29日 1.「兄弟たち」 今日の説教は「信仰の友」がテーマとなっています。パウロとテサロニケ教会の人々との、信仰で繋がれた友という関係です。私たちは、神様のなさる、救いの御業を奇跡といいます。私たち人間は、神様に背を向けていた罪人です。罪人である人間が救われる、これこそ神の御業、奇跡です。 テサロニケの人々は、パウロを通して、キリストを知り、キリストの奇跡にあ[…続きを読む]

あなたのうちに働く御言葉 - 2019.09.22

和田一郎副牧師 申命記6章4-15章 テサロニケの信徒への手紙一2章13-16節 2019年9月22日 はじめに 先日、スチュワードシップバザーの時に、気仙沼から嶺岸浩牧師が来てくださり説教をしてくださいました。嶺岸先生の教会と自宅は、東日本大震災の時に津波で流されましたが、先生ご夫妻は日本中の教会から来たボランティアと一緒に被災者を支援をしていました。ご自分も被災者でしたが、いつも笑顔で「感謝です」と言いながら支援活動をされていました。嶺岸先生というと「[…続きを読む]