あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

考え直すことへの招き - 2020.03.15

松本雅弘牧師 マタイによる福音書21章28―32節 2020年3月15日 Ⅰ.単純な譬え話? 「問われていることを知らないと、信仰はよく分からない」、ある牧師がそのように語っていました。主イエスは譬え話で私たちに問いかけておられます。今日の箇所でも譬え話を語っておられます。でもとてもシンプルな話なのです。ある人に二人の息子がいた。最初に父親は兄息子ところに行き「今日、ぶどう園へ行って働きなさい」と言うと「いやです」と答える。でも後で考え直し、ぶどう園に行き[…続きを読む]

主イエスからの問いかけ - 2020.03.08

2020年3月8日 サムエル記上8章4~22節/マタイによる福音書21章23~27節 松本雅弘牧師 Ⅰ.事の発端 今日の個所を読みますと、祭司長、民の長老たちと主イエスとの間に議論が起こっています。「何の権威でこのようなことをしているのか」。 「このようなこと」とは、前日の、境内で大暴れ、「神殿きよめ」のことでしょう。「ここは私たちが管理している場所だ。勝手なことをされては困る」と言いたかったのだと思います。 Ⅱ.問いかける主イエス その問いに対して主イエ[…続きを読む]

実を結ぶ生き方を求めて - 2020.03.01

2020年3月1日 松本雅弘牧師 申命記10章12節~11章1節/マタイによる福音書21章18~22節 Ⅰ.実のないいちじくの木 新型コロナウイルスの脅威の中、私たちは不安のうちに今日、主の御前に集ってまいりました。本日は3月の第一主日で聖餐式が行われる礼拝です。しかし私たちの側の出来ることを徹底するということで、今日は聖餐式の取りやめを決定しました。今日は聖餐式にあずかれることを期待してこられた、それに向けて1週間備えてこられた兄弟姉妹に対して、ほんとう[…続きを読む]

神殿きよめ - 2020.02.16

マタイによる福音書21章12―17節 松本雅弘牧師 2020年2月16日 Ⅰ.憤る主イエス 十字架に付けられる数日前、主イエスは覚悟をもって、エルサレムにお入りになり神殿に直行し、その直後に「神殿きよめ」が起こりました。「売り買いをしていた人々を皆追い出した」とマタイは伝えています。そしてイザヤ書を引用して『わたしの家は、祈りの家と呼ばれるべきである。』/ところが、あなたたちは/それを強盗の巣にしている」とおっしゃったのです。 Ⅱ.弱い立場の人々への主イエ[…続きを読む]

“変わることのないもの”と“変わるべきもの”を識別する知恵 - 2020.02.09

ヨハネによる福音書15章1―10節 松本雅弘牧師 2020年2月9日 Ⅰ.はじめに 教会に伝わる有名な祈りがあります。「変わることのないものを守る力と/変わるべきものを変える勇気と/この二つのものを識別する知恵をお与え下さい。」 一般に「ニーバーの祈り」と呼ばれているものです。まさに日々直面する現実の中で、私たちの心の中にある願いや不安をそのまま言葉にしてくれた祈りのように思います。 変わることのない大切なことを大切にしていく力、そして変えてよいものを思い[…続きを読む]