あなたは大切な人です

主日共同の礼拝説教集

高座教会礼拝堂

逆転の祝福 - 2016.08.28

2016年8月28日夕礼拝 和田一郎伝道師 創世記12章1~7節 ガラテヤの信徒への手紙3章6~9節 Ⅰ.はじめに ガラテヤ書が書かれた当時は、キリスト教が生まれて20年という、まだ信仰理解や教理が未熟だった時期です。旧約聖書という壮大な歴史の中に現れた、ナザレのイエスという人を巡って、パウロは、地中海周辺を奔走し、間違った福音理解、まだよちよち歩きのキリスト教の福音理解を正しく伝えるために、手紙を書いて、各国の信徒に手紙を書いていました。 パウロは3章の[…続きを読む]

霊なる神 - 2016.08.14

2016年8月14日夕礼拝 和田一郎伝道師 エゼキエル書11章17~20節 ガラテヤの信徒への手紙3章1~5節 Ⅰ.物分かりの悪いガラテヤの人たち 1節で「物分かりの悪いガラテヤの人たち」と、実に厳しい言葉でパウロはガラテヤの人達に呼びかけています。いくら信頼関係がある人達であっても、ここまで言うのだろうか?と感じてしまいます。「物分かりの悪い」というギリシャ語は他の訳では「愚かな」という意味で使われます。ですが、そのように言ってしまうパウロの気持ちも分か[…続きを読む]

キリストの真実 - 2016.07.31

2016年7月31日 和田一郎伝道師 詩編100編1~5節 ガラテヤの信徒への手紙2章19~21節 Ⅰ.はじめに 広島の原爆の慰霊碑に書かれている言葉があります。「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と記されているそうです。逆の見方をすれば、人は過ちを繰り返してきました。過ちを繰り返す性質があるわけです。過去を思い起こすのは、二度とそのような過ちを繰り返さないためですが、私たちがイエスキリストを信じる前と、後とを、思い起こしたいと思いました。私た[…続きを読む]

信仰による義 - 2016.07.24

2016年7月24日夕礼拝 和田一郎伝道師 詩編27編13~14節 ガラテヤの信徒への手紙2章15~19a節 Ⅰ.前節までのあらすじ 前回、パウロのいるアンティオキア教会に、ペトロがやって来て、人々と一緒に食事をしていたという箇所を見てきました。ペトロはユダヤ人でしたが、異邦人とも一緒に、分け隔てなく食事をしていたのです。ペトロがアンティオキアに来て異邦人と一緒に食事をすることは、ユダヤ人と外国人に分け隔てなく、福音が与えられることを伝えるためには、大切な[…続きを読む]

人の目を気にする時 - 2016.07.10